まとめ・特集

【海外サッカー】注目すべき世界のサイドバック10人

【海外サッカー】注目すべき世界のサイドバック10名

「世界で有名あるいは知っておきたいサイドバックって誰だろうか?」という疑問に答える記事です。

近代サッカーのサイドバックは、よりマルチな能力が求められます。ボールを扱う技術・パス・ポジショニングなどが挙げられます。スピードやスタミナなどアスリートさよりもレジスタのようなプレーが必要になってきています。

ここ10年で進化したポジションといえば、間違いなくサイドバックでしょう。

サイドバックは素晴らしいポジションです。試合においてもビルドアップから対人守備まで多くの見せ場があるポジションです。ぜひ、本記事でピックアップしているサイドバックの選手を記憶してください!

注目すべき世界のサイドバック10人

ここで紹介する選手ですが、左右のサイドバック5名ずつになります。

左サイドバック

ダビド・アラバ

名前ダヴィド・アラバ
(David Alaba)
クラブチームバイエルン
代表オーストリア
身長180cm
体重76kg
利き足

アラバは間違いなく世界の左サイドバック3本の指に入るプレイヤー。モダンな左サイドバックであり、スピードもパス精度も申し分ありません。ペップがバイエルンで残した大きな功績の1つは、アラバだといって過言ではないでしょう。

もう何年もバイエルンの主力ですが、2019年9月時点で27歳。これからキャリアピークを迎えるはずですので、今後も目が離せない左サイドバックです。

加えて、2019年夏にアトレティコから移籍してきたリュカ・エルナンデスとの競争も楽しみですね。

バイエルンのアラバのプレースタイル
ダヴィド・アラバってどんな選手?プレースタイルなど徹底解説

バイエルンのオーストリア代表DFダヴィド・アラバのプレースタイルなどをまとめました。 アラバはバイエルンがグアルディオラ時代に、「偽SBの先駆者」として輝きを放っていた選手です。 グアルディオラが去っ ...

続きを見る

アンドリュー・ロバートソン

名前アンドリュー・ロバートソン
(Andrew Robertson)
クラブチームリバプール
代表スコットランド
身長178cm
体重68kg
利き足

リバプールの左サイドバックはロバートソンしか考えられない!それくらい強烈なインパクトを残している左サイドバックです。

特筆すべき点は、果敢な攻撃参加とクロス精度の高さです。18-19シーズンはリーグ戦36試合に出場し左サイドバックながら11アシストを記録。献身的な一面あり、左サイドの上下運動を幾度もなく繰り返します。

ロバートソンは、すでに世界最高の左サイドバックにノミネートしているスペシャルな左サイドバック。

ロバートソン プレースタイル
アンドリュー・ロバートソンってどんな選手?プレースタイルなど徹底解説

リバプールのスコットランド代表DFアンドリュー・ロバートソンのプレースタイルなどをまとめました。 左SBを務めるロバートソンは、スペイン人モレノからポジションを奪い、今では絶対的なレギュラーとして活躍 ...

続きを見る

ジンチェンコ

名前オレクサンドル・ヴォロドミロヴィチ・ジンチェンコ
(Oleksandr Volodymyrovych Zinchenko)
クラブチームマンチェスター・シティ
代表ウクライナ
身長175cm
体重64kg
利き足

マンチェスター・シティでメキメキと成長しているジンチェンコ。元々は10番の位置でプレーしていたため、優れたテクニックと視野がある選手です。

守備強度が低く度々批判されることがありますが、攻撃面においては無類の強さを発揮します。テクニックに優れパス精度も高く、チームのポゼッションを高めてくれます。

シティの左サイドバックには、バンジャマン・メンディもいるためこの2人の競争にも注目したいですね。

ジンチェンコのプレースタイル
ジンチェンコってどんな選手?プレースタイルを徹底解説

マンチェスター・シティのウクライナ代表DFオレクサンドル・ジンチェンコのプレースタイルをまとめました。 ジンチェンコは元々10番タイプの選手でしたが、マンチェスター・シティではポジションを奪えず、徐々 ...

続きを見る

ジョルディ・アルバ

名前ジョルディ・アルバ・ラモス
(Jordi Alba Ramos)
クラブチームバルセロナ
代表スペイン
身長170cm
体重68kg
利き足

アルバは、バルセロナそしてスペインの不動の左サイドバック。積極的な攻撃参加が特徴的で、強気なメンタリティーも持ち合わせています。今ではチームの精神的支柱としての役割もあると見受けられます。

”積極的な攻撃参加”というサイドバックは多数いますが、アルバは毎年結果を残しています。15-16〜18-19シーズンまで5アシスト以上を記録。チームのゴールを演出しています。

ジョルディ・アルバのプレースタイル
ジョルディ・アルバってどんな選手?プレースタイルを徹底解説

バルセロナのスペイン代表DFジョルディ・アルバのプレースタイルをまとめました。超攻撃型サイドバックとして有名なプレイヤーで、世界最高の呼び声が高い左サイドバックです。 本記事では、ジョルディ・アルバの ...

続きを見る

ライアン・セセニョン

名前ライアン・セセニョン
(Ryan Sessegnon)
クラブチームトッテナム
代表イングランド
身長178cm
体重71kg
利き足

「NEXTベイル」と呼ばれているセセニョン。所以は、ベイルと同じように左サイドバックからサイドハーフ・ウイングにコンバートされたからです。基本的に左サイドバックメインで出場しているため今回はピックアップしました。

イメージはトッテナム時代のベイルそのもので、圧倒的なスピードで相手を剥がすことができます。トッテナム時代のベイルはバケモノだったので、若き日のベイルと合わせてセセニョンの動画を探してみてください。

セセニョンのプレースタイル
ライアン・セセニョンってどんな選手?プレースタイルを徹底解説

トッテナムのU-21イングランド代表MFライアン・セセニョンのプレースタイルをまとめました。NEXTベイルと呼ばれる逸材で、17-18シーズンのチャンピオンシップ(2部)では個人5冠を達成した超逸材。 ...

続きを見る

右サイドバック

ヨシュア・キミッヒ

名前ヨシュア・キミッヒ
(Joshua Kimmich)
クラブチームバイエルン
代表ドイツ
身長176cm
体重76kg
利き足

「世界最高の右サイドバック?」と聞かれたら、間違いなくキミッヒを推します。戦術理解力が高いクレバーな選手であり、鋭い読みで相手のスペースを攻略していきます。また、ボランチやアンカーでもプレーができるポリバレント性も特徴的です。

キミッヒは世界屈指のオールラウンダーな右サイドバックなので、バイエルン戦やドイツ戦でのプレーは必ずチェックしておきましょう!

キミッヒのプレースタイル
ヨシュア・キミッヒってどんな選手?プレースタイルを徹底解説

バイエルンのドイツ代表DFヨシュア・キミッヒのプレースタイルをまとめました。キミッヒは、ラームの後継者として名を挙げている選手であり、すでに世界屈指の右サイドバックと言われています。 本記事では、戦況 ...

続きを見る

トレント・アレクサンダー=アーノルド

名前トレント・ジョン・アレクサンダー=アーノルド
(Trent John Alexander-Arnold)
クラブチームリバプール
代表イングランド
身長175cm
体重69kg
利き足

18-19シーズン、リーグのDFアシスト記録を更新したアレクサンダー=アーノルド。その右足からのキックは、ベッカムのように魔法がかけられています。

前線のフィルミーノ、サラー、マネに素晴らしいパスを供給し続けていますので、リバプール戦をご覧になる際はアーノルドのプレーを追ってみましょう!

トレント・アレクサンダー=アーノルドのプレースタイル
トレント・アレクサンダー=アーノルドってどんな選手?プレースタイルを徹底解説

リバプールのイングランド代表DFトレント・アレクサンダー=アーノルドのプレースタイルをまとめました。名前の頭文字をとった「TAA」の呼称があるアーノルド。弱冠20歳ながらも18-19シーズンでは、リバ ...

続きを見る

アーロン・ワンビサカ

名前アーロン・ワンビサカ
(Aaron Wan-Bissaka)
クラブチームマンチェスター・U
代表イングランド
身長183cm
体重72kg
利き足

マンチェスター・U待望の右サイドバックとして注目されているワンビサカ。攻撃的な一面もありますが、特筆すべきは守備です。18-19シーズンはインターセプト2位、タックル3位という素晴らしいデータを残しています。

守備に問題があったマンチェスター・Uの救世主としての活躍が期待されています。

ワンビサカのプレースタイル
アーロン・ワンビサカってどんな選手?プレースタイルを徹底解説

マンチェスター・UのイングランドU21代表DFアーロン・ワンビサカのプレースタイルをまとめました。ワンビサカは、2019年夏にクリスタルパレスから5500万ユーロでマンチェスター・Uに加入。 本記事で ...

続きを見る

カルバハル

名前ダニエル・カルバハル・ラモス
(Daniel Carvajal Ramos)
クラブチームレアル・マドリード
代表スペイン
身長173cm
体重73kg
利き足

とても耳が良いカルバハル(詳細は下記の記事で)

その話は置いといて、カルバハルの実力は間違いなくワールドクラスです。運動量・アシスト・クロス精度・ポジショニング、右サイドバックに必要なスキルをすべて保有しています。

今の右サイドバック業界なら、キミッヒかカルバハルが世界最高に近いでしょう(個人的にはキミッヒ推しですが)

カルバハルのプレースタイル
カルバハルってどんな選手?プレースタイルを徹底解説

レアル・マドリードのスペイン代表DFダニエル・カルバハルのプレースタイルをまとめました。カルバハルは、世界トップクラスの右サイドバックとして有名な選手です。 本記事では、カルバハルの特徴や凄さを紹介し ...

続きを見る

ジョアン・カンセロ

名前ジョアン・カンセロ
(Joao Cancelo)
クラブチームマンチェスター・シティ
代表ポルトガル
身長182cm
体重72kg
利き足

2019年夏、ユベントスからマンチェスター・シティへ移籍したジョアン・カンセロ。主戦場は右サイドバックだが左サイドバックもこなせるユーティリティ性があるサイドバックです。

守備には課題がありますが、ドリブルとスピードを生かした縦への突破力はチームの攻撃を支える存在です。クロスも及第点以上の精度があるため今後の活躍と成長に期待したいですね。

カンセロのプレースタイル
ジョアン・カンセロってどんな選手?プレースタイルを徹底解説

マンチェスター・シティのポルトガル代表DFジョアン・カンセロのプレースタイルをまとめました。カンセロは、次世代のサイドバックとして名をあげています。ユベントスでは18-19シーズンからプレーしており主 ...

続きを見る

まとめ

世界の注目すべきサイドバックでした。現代サイドバックは、試合においてかなり重要なポジションになってきました。偽SBとして中へ入ったり偽ウイングとして外にポジションを取ったり、戦術理解力と状況判断力が求められています。

ただ単にスタミナとスピードがあるだけのアスリート的なサイドバックはすでに過去。これからは、クレバーかつアスリートさが求められる総合的なサイドバックが生き残ってくるはずです。

サイドバックは進化し続けています。ぜひ、サッカーの試合を観戦する時はサイドバックの動きに注目してみましょう!

DAZNでサッカーにもっと詳しくなろう

サッカーを今よりもっと詳しくなりたいなら、サッカーを観るしかありません。
詳しくなれば、SNSでコアなツイートもできるし、友人たちとの会話で自慢もできます。
ぜひ、DAZNでサッカーを観まくりましょう!私も愛用しています。

あわせて読みたい記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
プレミアリーグ伝承記

PLAYERs運営者

いい歳したおっさん。社会人歴10年。年間50試合ほど海外サッカーを楽しんでいます。特にプレミアリーグを愛しています。詳しいプロフィールはコチラ「運営者情報

-まとめ・特集

Copyright© PLAYERs , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.