フィーゴ,全盛期,プレースタイル,現在

フィーゴってどんな選手だった?全盛期のプレースタイルや現在を紹介

レアル・マドリードやバルセロナなどで活躍した元ポルトガル代表ルイス・フィーゴについてまとめました。

2000年にバルセロナでの活躍が認められバロンドール受賞したものの、同じ年にライバルのレアル・マドリードへと移籍。当時、大きな話題になりました。

本記事では、

  • 全盛期のプレースタイル
  • 現在
  • 話のネタになる秘話

などを紹介していますので、フィーゴについて調べている方はぜひご覧ください。

全盛期は凄かった?フィーゴのプレースタイル

フィーゴのポジション

フィーゴのポジションは、戦術によってトップ下や左ウイングなどでもプレーしていましたが、主に右ウイングや右サイドハーフがメインでした。

代名詞は「ドリブル」

やはりフィーゴといえばドリブルです。

全盛期だった90年代後半から2000年代前半の時は、誰も止めることができず、多くのディフェンダーがフィーゴに抜き去られていました。

ロッベンなどスピードでぶち切る直線的なドリブルではなく、シザースなど緩急と相手の重心をズラしながら、テクニックとタイミングで抜いていくがフィーゴの特徴でした。

レアル・マドリードでもバルセロナでも抜群のドリブル力を活かして、ボールを前に運びチームに推進力を与えていました。

また、メッシのような細かなボールタッチも大きな特徴で、相手が出してきた足にあわせて、ちょこんとボールをズラして一気に相手を抜く技術もありました。

フィーゴは稀代のドリブラーでしたが、スピードではなくテクニックで抜き去る選手でした。

ドリブルだけではない、アシストセンスも優れていた

ネットでフィーゴと調べると、ドリブルと詳細は後述しますが「裏切り者」というワードが目立つでしょう。

しかし、フィーゴはドリブルだけではなく数字もしっかり残しています。

それがアシストです。

フィーゴは、ラ・リーガで336試合に出場し66ゴール89アシストという数字を残しています。

あまり知られていませんが、メッシやクリスティアーノ・ロナウドが現れるまで、ラ・リーガの通算アシスト記録歴代1位でした。

ちなみに、レアル・マドリードでの公式戦記録は、245試合で56ゴール93アシスト。

ドリブルだけではなくしっかりと数字を残していたのが、ルイス・フィーゴなのです。なぜ、アシストが多いかというと、ドリブルからのクロスを得意としていたからです。

ドリブラーの印象が強いかもしれませんが、中には「天性のクロッサー」と呼ぶ人たちもいます(大半の人はドリブルのイメージが強いです笑)

怪我が少なかった

フィーゴはドリブルでバチバチの対人線をしていましたが、非常に怪我が少ない選手でした。

リーガに在籍していた95-96シーズンから2004-2005シーズンの間で、リーグ戦30試合未満の出場は01-02シーズン(28試合)のみ。その他のシーズンは30試合以上に出場しています。

フィーゴは、鉄人といわれたランパードにも引けを取らない鉄人です。

フィーゴのプロフィール

名前ルイス・フィーゴ
(Luís Figo)
代表ポルトガル
生年月日1972年11月4日
身長180cm
ポジションWG
利き足

フィーゴはポルトガルのリスボンで生まれ、頭がよく成績も優秀で医者を志望するほどだったそうです。

サッカーとの出会いはストリートで、11歳のときにポルトガルのスポルディング・リスボンの下部組織に入団。

17歳だった1989年にトップチームデビューを飾り、1995年にはポルトガル最優秀選手に輝きました。

その後、225万ポンドでバルセロナへと移籍(現在のユーロ換算で約250ユーロ)

バルセロナ移籍後もその才能を遺憾なく発揮し、元ブラジル代表リバウド、元オランダ代表クライファートとともに攻撃を支え、リーグ優勝などに貢献。

そして、2000年にバロンドールを受賞しています。

レアル・マドリードへ「禁断の移籍」

バルセロナで順風満帆だと思われていたフィーゴですが、2000年7月に宿敵レアル・マドリードへ6000万ユーロで電撃移籍します。

この禁断の移籍にバルセロナサポーターは大激怒し、フィーゴが経営していたバルセロナの寿司屋を破壊

2000年10月に行われた移籍後初のカンプ・ノウでのクラシコでは、大ブーイング。

それだけではなく、

  • 守銭奴と捉えたサポーターにフィーゴの顔をプリントした偽札が投げ込まれる
  • コーナーキック時には、ビンなどゴミや豚の頭まで投げられる

試合は大荒れに荒れて、約10分間も試合が中断されました。

バルセロナに拒否されたフレンドリーマッチ

禁断の移籍は、別の形でも影響が出ています。

2015年、ユベントスとバルセロナのチャンピオンズリーグ決勝戦前日に、両チームの元所属選手が世界選抜と試合をするフレンドリーマッチが行われました。

UEFAはバルセロナのレジェンドとしてフィーゴを招待しましたが、バルセロナが拒否した経緯もあります。

ポルトガル代表では黄金世代の1人

フィーゴは、

  • ルイ・コスタ
  • パウロ・ソウザ
  • フェルナンド・コウト

らとポルトガルの黄金世代の1人として期待されていました。

その結果、2度のワールドカップと3度のEUROに出場しています。最高成績は地元開催だったEURO2004の準優勝。19歳だったクリスティアーノ・ロナウドとともに、サイドを支えました。

いま振り返ると右にフィーゴ、左にクリスティアーノ・ロナウドって極悪ですね。もし、クリスティアーノ・ロナウドがもう少し早く生まれていたら、ポルトガルの攻撃陣は凄まじかったでしょう。

現在

2009年にインテルで引退後、そのままインテルの幹部で仕事をしていました。

その後は慈善活動を行いつつ、2015年にFIFA会長選に立候補表明するも、充分なチャンスが得られず立候補を取り下げています。

2020年にはEURO2020の公式アンバサダーに就任しており、2月29日に引退後初来日もしています。いまでも、サッカーに関わる仕事をしているそうです。

過去のクラブチーム

1989-1995スポルディング・リスボン
1995-2000バルセロナ
2000-2005レアル・マドリード
2005-2009インテル

他のレジェンドをチェック

サッカー観戦力が上がるオススメ本!

サッカー観戦がグッと面白くなる読むべき5冊の本

今よりもサッカー観戦が楽しくなるような本を5冊ピックアップしました。

モダンなサッカー戦術からサッカーの歴史を知ることができますし、最後の1冊はマンガもピックアップしています。

サッカー観戦初心者でも、比較的読みやすい本なので、ぜひご覧になってみてください。

関連記事

  • この記事を書いた人

PLAYERs運営者

海外サッカー選手のプレースタイルやニュースなど、独自の目線で情報発信しています。Twitterをフォローして情報をキャッチ!

-レアル・マドリード
-,