バイエルン ブンデスリーガ

ダヴィド・アラバってどんな選手?プレースタイルなど徹底解説

バイエルンのアラバのプレースタイル

バイエルンのオーストリア代表DFダヴィド・アラバのプレースタイルなどをまとめました。

アラバはバイエルンがグアルディオラ時代に、「偽SBの先駆者」として輝きを放っていた選手です。

グアルディオラが去ってからは偽SBとしてプレーする機会は少なくなりましたが、本職であるSBとしての能力が高いため、今でもバイエルンのファーストチョイスとして試合出場をしています。

本記事では、アラバをより詳しくなってもらうための内容となっています。アラバについて調べている方は、ぜひ一読してみてください。

アラバのプレースタイル

アラバは元MFだったこともあり、足元の技術が非常に優れている選手です。バイエルンではもっぱら左SBとしてプレーしていますが、オーストリア代表では中盤でプレーすることもあります。

バイエルン時代のグアルディオラは、アラバのパス精度などを鑑み、偽SBとしてプレーさせていたと見受けられます。

ピンポイントのクロスでゴールを演出!

アラバの凄さは、左足からの高品質なクロスボールです。速く強いグランダークロス、アーリークロスなどペナルティーエリア内の選手にピンポイントで出すことできます。

バイエルンには、レヴァンドフスキやミュラーなど空中戦に強い選手が多いため、アラバからのクロスボールは1つの武器となっています。

偽SBとしてボランチやアンカーでプレーしていた時は、パス能力を活かした展開や攻撃の組み立ての中核を担っていました。

スピードを活かしたオーバーラップ

アラバはスピードがある選手です。シティのレロイ・サネスターリング、バイエルンならロッペンなどスピードスターと呼ばれる選手たちに比べれば遅いかもしれませんが、左SBには充分なスピードが備わっています。

そのスピードを活かしたオーバーラップはアラバの武器です。一昔前ですが、リベリーとは絶妙な連携で左サイドを支配していました。

また、ただ真っ直ぐにオーバーラップするだけではなく、チャンネルを一つ右(ハーフスペース)に移したアタックも魅力的です。

課題だった守備やポジショニングも改善されつつある

20歳そこらのアラバは、「攻撃は抜群だけど守備がな…」「守備の時のポジショニングやミスが目立つ」など言われていましたが、今はだいぶ改善されました。

年齢を重ねるごとに、体が強くなりフィジカルコンタクトも負けなくなりましたし、ボール奪取能力、スピードを活かしたカバーリング力などが高まっています。

攻撃的左SBとしては、及第点以上のディフェンス力があると見受けられます。

アラバが猛ダッシュして守備に戻ってくる時は、非常に迫力があるため、バイエルンがカウンターされたらアラバを見ていてください(笑)

アラバのプロフィール

名前ダヴィド・オラトゥクンボ・アラバ(David Olatukunbo Alaba)
代表オーストリア
生年月日1992年6月24日
身長180cm
体重76kg
ポジションSB
利き足左足

アラバの父親はナイジェリア人、母親はフィリピン人であるため、フィリピン代表からも声がかかっていましたが生まれ育ったオーストリア代表を選択しました。

ノイアーはアラバの高い能力を評価しており、若き日のアラバに「ドイツに帰化しないか?」と訪ねたエピソードもあったみたいです。

アラバは2008年にバイエルンのユースに加入して以来、一貫してバイエルンでプレーし続けています。

ただ、グアルディオラ監督率いるマンチェスター・シティへの移籍がささやかれています。アラバからすれば、自身を「偽SB」で起用してくれたグアルディオラ監督には、惹かれるものがあるかもしれませんね。

アラバはシティに移籍する?

移籍の可能性は0ではないですが、高くもないと思います。今のシティの左SBにはラポルト、メンディー、ジンチェンコ、デルフなど左SBでプレーできる優秀なタレントが揃っています。

そのため、左SBは至急を要するポジションではありません。

加えて、アラバとなれば移籍金額も莫大な額となるでしょう。アラバがプレミアでも成功できるという確証がないため、シティはリスクを背負いたくないでしょう。

アラバを取るくらいなら、フェルナンジーニョの代役の方が急務です。したがって、アラバがシティに移籍する確率は限りなく低いと考えられます。

過去のクラブチーム

2010-バイエルン

まとめ

バイエルンのオーストリア代表DFダヴィド・アラバについてでした。アラバは、バイエルンでは重要な選手です。

ドイツ代表GKノイアーは、「ドイツに(優秀な)左SBにはアラバがいないせい」とまで言わしめた実力者です。

これからキャリアピークになっていくと思いますので、今後の活躍をより一層楽しみにしたいところです!

もし、まだお時間があれば下記のサッカープレイヤーも読んでみてください。海外サッカー好きは、参考になるかと!

あわせて読みたい記事

海外サッカーを見るなら『DAZN』

DAZN

海外サッカーを観たいなら、まず押さえておくのが「DAZN」です。プレミアリーグ、ラ・リーガ、リーグアン・セリエAなど欧州トップリーグを視聴することができます。月額1,750円(税抜)と高額に感じるかもしれませんが、金額以上にコンテンツが豊富であるため満足できるサービスです。事実、私自身は手放すことができないサービスまでランクアップしています。評価・レビュー記事も執筆していますので、そちらも参考にしてみてください。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
プレミアリーグ伝承記

PLAYERs運営者

いい歳したおっさん。社会人歴10年。年間50試合ほど海外サッカーを楽しんでいます。特にプレミアリーグを愛しています。詳しいプロフィールはコチラ「運営者情報

-バイエルン, ブンデスリーガ
-,

Copyright© PLAYERs , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.