プレミアリーグ マンチェスター・シティ

レロイ・サネってどんな選手?プレースタイルなど徹底解説

サネのプレースタイル

マンチェスターCのドイツ代表レロイ・サネのプレースタイルなどまとめました。2018年ロシアW杯では代表入り確実とされながらも、まさかの代表漏れ。悔しさを味わった選手です。

しかし、18-19シーズンは引きずることなく、クラブに大きな力を与えています。レロイ・サネは将来有望な選手です。本記事では、サネのことをより深く知れる内容であるため、ぜひ一読してみてください。

レロイ・サネのプレースタイル

サネの大きなストロングポイントは、スピードです。カウンター時には相手の脅威となるほどのスピードを持ち、前線へと駆け上がります。

1対1の局面においても、スピードで一気に剥がすシーンも散見されます。アグエロベルナルド・シウバデ・ブライネとともにマンCの攻撃陣を牽引する注目のプレイヤーです。

左サイドから違いを作れる

サネの主戦場は左サイドです。ウィングに近い位置でプレーをし、クロスでアシストを演出したり、カットインしてシュートを打ったりします。

マンチェスターU時代のクリスティアーノ・ロナウドのようなドリブルスキルを披露するのではなく、シンプルな攻撃をする選手です。

17-18シーズンでは10G15Aと好成績を残しています。左サイドからチャンスメイクもできるし、ゴールも狙える。違いを生み出せる選手なのは疑いの余地はないでしょう。

スペースへ走るタイミングが抜群に良い

サネはチャンスだと思ったら、自慢のスピード活かしスペースへスプリントをします。このタイミングがインテリジェンスを非常に感じます。

衝撃を受けたのは、18-19シーズン第22節のウォルバーハンプトン戦ラポルテからのスルーパスを受け、アシストを記録するシーンなのですが、これがまた美しかったですね。

ラポルテのパスも素晴らしかったですが、サネの走り込むタイミングも「ここしかない!」という感じでした。サネが裏スペースへ走るシーンは見逃せませんよ!

レロイ・サネのプロフィール

名前レロイ・サネ 
代表ドイツ
生年月日1996年1月11日
身長184cm
体重75kg
ポジションWG/MF
利き足
主なタイトルプレミアリーグ優勝

父親はセネガル代表でもプレーしたサッカー選手、母親はロサンゼルス五輪の新体操で銅メダルを獲得しています。サネの機敏なドリブルをみると、新体操のような華やかさがあるのは気のせいでしょうか(笑)

ドイツ代表としてはU-19から活躍をしています。冒頭でも述べたように、2018年ロシアW杯も選出濃厚とされながらも落選。当時は大きな反響を呼びました。

過去のクラブチーム

シャルケ042014-2016
マンチェスターC2016-

まとめ

レロイ・サネのプレースタイルなどをまとめました。ちょっとでもサネの知識を深めることが出来たら嬉しい限りです。

サネはマンCと代表でも、次世代を担うプレイヤーです。大きな怪我がなければ、ここ10年は活躍してくれると思うので、注視していきたいですね。

\ イマ読んでおきたいサッカー本 /

created by Rinker
ソル・メディア
¥1,728 (2019/08/18 22:44:49時点 Amazon調べ-詳細)

  • この記事を書いた人
プレミアリーグ伝承記

PLAYERs

海外サッカー選手のプレースタイルを紹介する『PLAYERs』へようこそ!このサイトを運営する中の人は、毎シーズン50試合以上を観戦する海外サッカーマニアです。頑張って運営しているので宜しくお願いします!なお、詳しいプロフィールは「運営者情報 - PLAYERs」をご覧ください。

-プレミアリーグ, マンチェスター・シティ
-, ,

Copyright© PLAYERs , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.