グラニト・ジャカってどんな選手?プレースタイルなど徹底解説

ジャカのプレースタイル

アーセナルのスイス代表グラニト・ジャカのプレースタイルなどをまとめました。

アーセナルでは、トレイラとともに中盤でプレーをし攻守ともにクラブを牽引する選手です。

ジャカのことをもっと詳しくなれる内容となっていますので、ぜひ一読してみてください。

ジャカのプレースタイル

プレーエリアは中盤の底、ボランチやアンカーを務めます。怪我人が出た場合は、左サイドバックや最終ラインで出場することがあります。

左足からの高精度なキック

ジャカの大きな武器は、左足からのキック精度です。長短のパスはもちろん、フリーキックやコーナーキックも高精度なボールを蹴ることができます。

任されているポジションが、ボールタッチの多いボランチということもあり、ジャカのキック精度はチームにとっても必要不可欠になっています。

また、パワーもあり強く速いボールを蹴られるのも特徴的です。ごく稀に、ゴールに突き刺さるスーパーゴールを生み出します。

キック精度を生かした展開

自身のキック精度を生かした展開力があるのも特徴的です。

左サイドから逆サイドへの展開、オーバメヤンラカゼットへ意表を突く縦パスが散見されます。

視野も広い選手ですので、攻撃オプションの1つとなりうる能力を秘めています。

ハードワーク

ジャカは非常にハードワークができる選手です。豊富な運動量があるとはいえませんが、献身的に守備をこなしていきます。

ただ、球際の激しさがあって警告を受けてしまうのがたまに傷です。しかし、ハードワークできる選手はとても貴重ですし、ピンチの芽を潰してきたことがあるのも事実です。

もう少しだけクリーンさがあれば、もう一段階上にいける選手となり得るでしょう。

ジャカのプロフィール

名前グラニト・ジャカ
代表スイス
生年月日1992年9月27日
身長185cm
体重82kg
ポジションMF
利き足
主なタイトルFAカップ優勝、スイスリーグ優勝

コソボにも深い関係を持つジャカ。2018年W杯セルビア戦では、リバプールのシャキリとともに「双頭のワシ」ポーズを披露し、物議を呼びました。この「双頭のワシ」は、2008年に独立を表明したアルバニア国旗に描かれているマークとなっています。

ジャカには、バーゼル時代にチームメイトだったアルバニア代表タウラント・ジャカという兄がいます。2016年EUROでは、史上初となる兄弟同士での試合になりました。

関連記事 ジョルダン・シャキリってどんな選手?プレースタイルなど徹底解説

過去のクラブチーム

2010-2012バーゼル
2012-2016
ボルシアMG
2016-アーセナル 

まとめ

アーセナルのスイス代表グラニト・ジャカについてでした。ジャカは、クラブでも代表でも主力選手です。特に代表では、2011年から長年A代表でプレーし続けています。

持ち前の左足からのフィード力で、チャンスを生み出して欲しいですね。ファウルだけは気をつけて欲しいですが…(笑)

\ 他チームの選手たちを調べよう /

※アイコンをクリックしてください

  • ArsenalManchester CityBayern München
  • CHELSEAAtlético de MadridRasenBallsport Leipzig
  • LiverpoolBarcelonaINTEL
  • TOTTNHAMReal MadridJuventus
  • Manchester UnitedDortmundNapoli

関連記事

  • この記事を書いた人
プレミアリーグ伝承記

PLAYERs運営者

海外サッカー選手のプレースタイルやニュースなど、独自の目線で情報発信しています。Twitterをフォローして情報をキャッチ!

-アーセナル
-,

© 2020 PLAYERs Powered by AFFINGER5