トーマス・ミュラーってどんな選手?プレースタイルなど徹底解説

バイエルンのドイツ代表トーマス・ミュラーのプレースタイル

バイエルンのドイツ代表トーマス・ミュラーのプレースタイルなどをまとめました。

ミュラーは以前までバイエルンの絶対的な選手でしたが、ニャブリの台頭などによりポジションを失いつつあります。

しかし、南アフリカW杯で5得点をあげた得点王のセンスは疑いの余地はありません。まだまだ、トップフォームでプレーできる選手です。

本記事では、よりミュラーに詳しくなれる内容となっていますので、ぜひ一読してみてください。

ミュラーのプレースタイル

ミュラーはとても不思議な選手です。メッシのようなスーパーゴールやドリブルは出来ないし、サラーのようなスピードもない、ルカクなようなパワーもない。

でも、ゴールを決められるプレイヤーです。派手さはないものの、ゴールという結果をしっかりあげることができます。

よく「んーこの選手って、特徴とかあまり感じられないけど、なんでゴールあげられるの?」と思うサッカー選手はいませんか?それがミュラーなのです。

抜群のポジショニングセンスでスペースを見つけるのが上手い

ミュラーの大きな強みは、ポジショニングです。スピードもパワーもないとなれば、頭で戦うしかありません。

その点、ミュラーはとてもクレバーな選手で、状況をしっかりと見極めてベストポジションでプレーすることができる選手です。特にPA内でスペースを見つけるのが非常に優れています。

派手なスーパーゴールがない理由が、PA内でのプレーが多いからだと考えられます。

また、自身でスペースに侵入することにも長けていますが、スペースメイクする能力もあります。フリーランで走り込み相手DFを引きつけ、味方にスペースを供給します。

ともあれミュラーは、抜群のポジショニングセンスがあるからこそ、バイエルンやドイツ代表でも重宝されたサッカープレイヤーといえるでしょう。

トップ下・ウィング・センターフォワードなどそつなくこなす

頭が良いミュラーですから、いろいろなポジションに対応することができます。

トップ下・ウィング・センターフォワードなどでプレーします。例えば、4-5-1であればトップ下やサイドMF、4-3-3であれば右ウィングなどです。

リバプールのミルナーは、中盤より後ろならどこでもプレーできるのに対し、ミュラーは中盤より上ならどこでもできるユーティリティープレイヤーといえるでしょう。

チームにとってミュラーは、とても心強いはずです。なぜなら、他選手が負傷離脱したとしても、ミュラーが埋めてくれるからです。しかも、総合能力が高いというお墨付きです。

19-20シーズン

19-20シーズンは、ミュラーにとって新たなプレースタイルを切り開いたシーズンです。ニコ・コバチ監督政権時は、あまり重宝されずパッとした活躍ができていませんでした。

しかし、2019年11月、1-5で大敗したフランクフルト戦が引き金によりニコ・コバチ監督が解任され、新監督になったハンジ・フリック監督に変わってから息を吹き返しました。

結果、ブンデスリーガでは33試合に出場して21アシスト。ブンデスリーガのアシスト記録を更新。レバンドフスキや覚醒したニャブリと連携、攻撃の要として奮闘しました。

また、チャンピオンズリーグ準々決勝バルセロナ戦では、2ゴールの活躍。チームの準決勝進出に大きく貢献しました。

今までゴールゲッターとしての活躍が期待されていたミュラーですが、ここにきてアシストをできる人に変化。20-21シーズンもミュラーの活躍に注視していきましょう。

ミュラーのプロフィール

名前トーマス・ミュラー
代表ドイツ
生年月日1989年9月13日
身長186cm
体重76kg
ポジションFW/MF
利き足
主なタイトル南アフリカW杯得点王
ブラジルW杯優勝
ブンデスリーガ優勝

ミュラーはTSVペールでプレーをしていたが、10歳のときにバイエルン下部組織へと移籍しました。そこから、バイエルン一筋でプレーし続けています。

移籍については、14-15シーズンにマンチェスター・ユナイテッドからオファーがあったもののバイエルンに残留。それ以降、ミュラーの移籍について、大きな問題はありません。

プレイベートでは、20歳の時にモデルのリサ・ミュラーと2009年に結婚しています。

代表

2010年からドイツA代表に招集され、2010年南アフリカW杯では20歳でゴール数とアシスト数ともにトップタイの数字を記録。20歳での得点王はワールドカップ史上最年少でした。

また、2018年ロシアW杯で受賞したキリアン・ムバッペのベストヤングプレイヤー賞も受賞しています。当時のミュラーは、ムバッペのようにドイツを牽引していました。

過去のクラブチーム

2008-バイエルン・ミュンヘン

まとめ

バイエルンのドイツ代表トーマス・ミュラーについてでした。

ミュラーは、抜群のポジショニングセンスに加えて、前線ならどこでもできるユーティリティ性を持った選手です。西野元日本代表監督風にいえば「ポリバレント」な選手ですね。

年齢も30歳に差し掛かりキャリアピークが過ぎてしまったかもしれませんが、まだまだガッツ溢れるプレーでバイエルンに貢献して欲しいと思います。

では、ここまで読んでいただきありがとうございました。もし、時間がある方は下記のサッカープレイヤーもチェックしてみてください。

\ 他チームの選手たちを調べよう /

※アイコンをクリックしてください

  • ArsenalManchester CityBayern München
  • CHELSEAAtlético de MadridRasenBallsport Leipzig
  • LiverpoolBarcelonaINTEL
  • TOTTNHAMReal MadridJuventus
  • Manchester UnitedDortmundNapoli

関連記事

  • この記事を書いた人
プレミアリーグ伝承記

PLAYERs運営者

海外サッカー選手のプレースタイルやニュースなど、独自の目線で情報発信しています。Twitterをフォローして情報をキャッチ!

-バイエルン
-,

© 2020 PLAYERs Powered by AFFINGER5