ファビーニョってどんな選手?プレースタイルなど徹底解説

ファビーニョのプレースタイル

リバプールのブラジル人ファビーニョのプレースタイルなどをまとめました。ファビーニョはもともと、右SBとしてプレーをしていましたが、モナコで中盤にコンバートされました。恵まれた体格もあってか、才能が一気に開花。

そして、2018年5月にリバプールの一員になりました。18-19シーズンでは、コンスタントに出場し、結果を残しています。

本記事では、ファビーニョの知識をより深める内容となっています。ぜひ、一読しみてください。

ファビーニョのプレースタイル

リバプールでは、アンカー、インサイドハーフ、CBとしてプレーすることが多いです。

そのため、どこかのポジションに欠員が出た場合、ファビーニョが埋めることがあります。ミルナーのようにユーティリティ性がある選手です。

クロップ監督は、ファビーニョを獲得したとき「6番、8番、2番でプレーすることができる」と述べています。

長い手足を生かしたディフェンス

ファビーニョの強みは、188cmと恵まれた体格かつ長い手足にあります。長身ゆえに空中戦に強く、長い足で相手からボールを奪取します。

もともと右サイドバックでプレーしていた選手だったため、運動量も豊富。中盤で動けて、ディフェンス力がある選手です。

中盤でのファビーニョは、マティッチのイメージに近いですね。マティッチもファビーニョ同様に、強靭なフィジカルと高い守備能力が武器です。

足元の技術が高い

ファビーニョは、足元の技術がある選手です。これも右サイドバックからの経験が活きていると思います。サイドバックは、足元の技術も問われますからね。

中盤で相手をするりと交わせる技術がありますし、加えて、長身という武器を使った高いキープ力があります。

その技術を使い、深い位置からビルドアップをしたり、ゲームメイクを行う選手です。クロップのもとでさらに進化した部分ですね。

前線へ縦パスを供給

パス精度も高いのがファビーニョの凄さです。クロス・ショートパス・スルーパス、どれも水準以上のものを兼ね備えています。

中盤でのプレー時は、正確にミルナーワイナルドゥムなどに繋ぎ、前線のフィルミーノやサラーには絶妙なスルーパスを供給することもあります。

中盤から一気にチャンスに変えられるファビーニョのパスは見逃せません。

ファビーニョの欠点・課題

守備能力に関しては、疑いの余地はありません。体格を武器としたディフェンスは脅威です。しかし、ファウルの多さが目立ちます。

18-19シーズン(2019年2月9日時点)のデータをまとめました。

選手名出場試合ファウル数イエロー
ファビーニョ16173
ヘンダーソン21140
ミルナー20212

数字は小さいですが、不安を覚えるデータです。現代サッカーは、セットプレーのクオリティーがどんどんと上がってきています。安易なファウルは失点のリスクがあります。

ファビーニョとしては、ファウル数を改善して欲しいですね。

データ参考 https://www.premierleague.com/

ファビーニョのプロフィール

名前ファビオ・エンリケ・タバレス
国籍ブラジル
生年月日1993年10月23日
身長188cm
体重78kg
ポジションMF/CB/SB
利き足
主なタイトルリーグ・アン優勝(モナコ)

ブラジルでキャリアをスタートするも、チャンスに恵まれず、ポルトガルのリオ・アヴェへ移籍。その後、レアル・マドリードBへレンタル移籍をし、トップチームデビューを果たしました。

しかし、出場試合は1試合に留まり、出場機会を求めてモナコへ移籍。

モナコで頭角を現し、ベルナルド・シウバやムバッペとともにプレーをしていました。2018年5月にリバプールへと活動の場を移しました。

代表

2015年にブラジルA代表デビューを飾り、2019年も召集され続けています。リバプールではアンカーでコンスタントにプレーしていますが、ブラジル代表ではレアル・マドリードのカゼミロがファーストチョイス。

どちらも守備強度が高い選手ですが、個人的に足元の技術やビルドアップ力はファビーニョの方に軍配が上がるかなと感じています。だから、ブラジル代表でもコンスタントにプレーして欲しいですね。

カゼミロのプレースタイル
カゼミロってどんな選手?プレースタイルを徹底解説

続きを見る

過去のクラブ

2012-2015リオ・アヴェ
2012-2013
レアル・マドリードB(レンタル)
2013
レアル・マドリード(レンタル)
2013-2015
モナコ(レンタル)
2015-2018
モナコ
2018-リバプール

まとめ

リバプールのブラジル人ファビーニョのプレースタイルなどをまとめました。18-19シーズンの活躍をみると、今後もコンスタントに出場する選手だと思います。

足元も上手いし、ディフェンス力もある。何より、アンカーから最終ラインまでこなせるユーティリティ性は魅力です。クロップ監督も信頼しつつあるため、これからの活躍を期待したいですね。

さいごに、ファビーニョのようなアンカー選手をもっと知りたい方は「【サッカー】海外の注目すべき現役アンカー11人」こちらの記事を一読ください。ワールドクラスのアンカーをピックアップしています。

サッカー好きが使うべきアプリ

DAZN

DAZNは、海外サッカーが見られる現最強のツールです。プレミアリーグ、ラ・リーガ、セリエA、チャンピオンズリーグなど欧州の主要リーグが視聴可能。アプリ版もあるので、スマホやタブレットで試合をチェックできます。

グノシー

サッカーニュースを手早くチェックできるのがグノシーです。グノシーには、たくさんのサッカーメディアが参加しているため、あらゆる方向からサッカー情報を集めることができます。しかも、無料で利用できるのが素晴らしい!長らくお世話になっているニュースアプリです。

あわせて読みたい記事

  • この記事を書いた人
プレミアリーグ伝承記

PLAYERs運営者

いい歳したおっさん。社会人歴10年。年間50試合ほど海外サッカーを楽しんでいます。特にプレミアリーグを愛しています。詳しいプロフィールはコチラ「運営者情報

-リバプール
-, ,

Copyright© PLAYERs , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.