バイエルン ブンデスリーガ

チアゴ・アルカンタラってどんな選手?プレースタイルなど徹底解説!

チアゴ・アルカンタラ プレースタイル

バイエルンのスペイン代表MFチアゴ・アルカンタラのプレースタイルやプロフィールをまとめました。チアゴは、スペイン名門バルセロナの下部組織出身選手です。

バルセロナでキャリアを積んでいくのかと思われましたが、12-13シーズン終了後に出場機会を求めてバイエルン・ミュンヘンへ移籍しました。

ポテンシャルが非常に高くワールドクラスとも言われている選手であるため、本記事でしっかりと覚えておきましょう!

チアゴ・アルカンタラのプレースタイル

チアゴのメインポジションは中盤です。

主に、インサイドハーフからボランチやアンカーをプレーしていますが、サイドでもプレーできるため中盤ならどこでもできるタレントです。

シャビのようなパスセンス、イニエスタのようなドリブル

チアゴ・アルカンタラは、「シャビの後継者」「イニエスタの後継者」と言われています。両者と同じバルセロナで育ち、プレースタイルもバルサイズムが感じられるからです。

シャビやイニエスタのレベルにはありませんが、グランダーパスやロングパス・スルーパスはセンスの高さを伺わせるし、ドリブルも細かいボールタッチで相手DFをスルスルと抜いていくこともあります。

チアゴは、スペイン人らしいテクニックがあるサッカーをします。ちなみに日本代表FW武藤はバイエルンと対戦したとき「(チアゴに)プレスに行っても逆を突かれてしまう」とコメントを残しています。

それほど、キープ力と巧みなボールコントロールがあるといえるでしょう。

ビルドアップには欠かせないプレイヤー

チアゴはパス精度が非常に高いプレイヤーであるため、ビルドアップには欠かせない選手です。

最終ラインからボールを受けて、パスでさばいていくのも良し、自身のドリブルスキルで縦へ押し上げてもよし、逆サイドへロングパスをしても良し、豊富な選択肢を持った選手です。相手を困らすことができます。

18-19シーズン(2019年2月19日時点)のパス成功率は93%とリーグ4位。その高いパス精度を活かし、バイエルンの攻撃を組み立てます。

ファーストタッチで相手をかわす技術に優れている

チアゴはファーストタッチで相手をかわし、瞬時に前を向く能力に長けています。サッカーは前へ進むゲームですので、すぐに前を向いてプレーをするのは重要です。

チアゴはそこから、パスも出せるしドリブルで持ち運ぶことができます。相手からしたらゴールに迫ってくるため、嫌な選手なのは間違いありません。

下記のプレー動画では、チアゴのファースタッチの美しさがわかるシーンが多数あります。

チアゴ・アルカンタラの欠点・課題

パスのアイディアも素晴らしいですし、イニエスタのような細かいボールタッチでドリブルをすることができるチアゴ。

彼に欠点や課題がないかと思われがちですが、意外と酷評・批判されることがあります。

  • 集中力がない
  • 判断力が遅い
  • ビッグマッチに弱い
  • 守備意識が低い

などなど、言われることが多々あります。特に、集中力の無さは昔から言われています。

イニエスタやシャビ級になるためには、高い集中力を保ち、ビッグマッチでも光るプレーをすることが課題といえるでしょう。

チアゴ・アルカンタラのプロフィール

名前ティアゴ・アルカンタラ・ド・ナシメント(Thiago Alcântara do Nascimento)
代表スペイン
生年月日1991年4月11日
身長174cm
体重70kg
ポジションMF
利き足
主なタイトルブンデスリーガ優勝
リーガ・エスパニョーラ優勝
チャンピオンズリーグ優勝

チアゴの父親はセリエAでプレーしていたサッカー選手。その関係でイタリアのバーリで生まれました。ちなみに、弟はバルセロナに所属するラフィーニャです。

チアゴは5歳のとき、ブラジルにあるフラメンゴの下部組織に入団。

その後、2004年にバルセロナの下部組織へと移りました。着実に実力をつけていき、2009年5月にトップチームデビュー。

当時のバルセロナはチアゴを高く評価していものの、シャビとイニエスタの壁は大きく2013年にバイエルン・ミュンヘンへ移籍。

バイエルンでは、ペップことグアルディオラの指導により、さらに力をつけていきました。

プレイベートでは、2015年にスペイン人のジュリア・ヴィガスさんと結婚。2017年には、息子ガブリエルくんが生まれました。

移籍先はバルセロナ?シティ?

チアゴには、移籍の話が付きまとっています。バルセロナに戻るのではないか?それか恩師グアルディオラが率いるマンチェスター・シティか?とメディアで報じられています。

個人的な予想となりますが、シティは可能性が低いです。理由は、シティの速いプレスにチアゴが付いていけないからです。

チアゴはそこまで守備意識が高くないですし、ディフェンス技術・運動量・献身性が怪しいです。今のグアルディオラが求めている守備レベルには無いでしょう。

あるとすればバルセロナですが、チアゴのポジションにはアルトゥールがいるため、わざわざ高い移籍金をバルサが出すかどうか…。

過去のクラブチーム

2008-2011バルセロナB
2009-2013
バルセロナ
2013-バイエルン・ミュンヘン

まとめ

バイエルンのスペイン代表MFチアゴ・アルカンタラのプレースタイルなどをまとめました。

チアゴがもう一段階上のレベルになるためには、シーズン通して安定的なパフォーマンスを披露し、ビッククラブ相手に脅威を与えなければならないでしょう。

ポテンシャルはあるため、これからの成長と活躍に期待しましょう。

\ イマ読んでおきたいサッカー本 /

created by Rinker
ソル・メディア
¥1,728 (2019/08/18 22:44:49時点 Amazon調べ-詳細)

  • この記事を書いた人
プレミアリーグ伝承記

PLAYERs

海外サッカー選手のプレースタイルを紹介する『PLAYERs』へようこそ!このサイトを運営する中の人は、毎シーズン50試合以上を観戦する海外サッカーマニアです。頑張って運営しているので宜しくお願いします!なお、詳しいプロフィールは「運営者情報 - PLAYERs」をご覧ください。

-バイエルン, ブンデスリーガ
-, ,

Copyright© PLAYERs , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.