プレミアリーグ

ジェームズ・マディソンってどんな選手?プレースタイルなどを徹底解説

マディソンのプレースタイル

レスターのイングランド代表MFジェームズ・マディソンのプレースタイルなどをまとめました。

レスターの10番を背負うマディソンは、将来有望の選手として注目されています。イギリスでは、トッテナムが獲得を狙っているのではないかとニュースになりました。

本記事は、今よりマディソンを知れる内容となっていますので、ぜひ一読してみてください。

マディソンのプレースタイル

味方を活かすプレー

マディソンの持ち味は、精度の高いパスを生かしたプレーです。スペースに走り込む選手に対し、絶妙なパスを供給します。

また、自身の突破力もなかなかのものなので、味方が作ったスペースを一気にドリブルすることもしばしばあります。

味方を活かすこともできるし、味方を利用することができる選手ですね。

プレースキッカー

マディソンは、フリーキックやコーナーキックのキッカーを任されています。エリクセンのようなプレースキック技術はまだないですが、伸び代を感じます。

これから実践やトレーニングを積んでいくことで、上達していくと思います。将来的にはエリクセンやピャニッチのようなキッカーになって欲しいですね。同じイングランド人であれば、ベッカムでしょうか。

高いキープ力でタメを作れる

同じようなポジションで同年代のボーンマスMFブルックスと比べると、体の線が太いため当たり負けしないキープ力があります。

そのキープ力を生かし、アタッキングサードでタメを作ることできます。ボールを持てる10番はチームにとって心強いでしょう。

ボールを保持できる10番といえば、フランスのレジェンド「ジネディーヌ・ジダン」がいました。今のままでは、ジダンをイメージするのは難しいですが、可能性としては十分秘めているでしょう。

マディソンの欠点・課題

やはりまだ若い選手ということもあり、スペースの意識やいくらパス精度やプレースキック能力が高いとはいえ、まだまだな部分がたくさんあります。エリクセンと比較すれば顕著です。

しかし、高いポテンシャルを秘めているのは事実です。トッテナムが獲得に動くという噂があるくらいですから、マディソンの将来は明るいでしょう。

マディソンのプロフィール

名前ジェームズ・マディソン
代表イングランド
生年月日1996年11月23日
身長175cm
体重73kg
ポジションMF
利き足

コヴェントリー・シティの下部組織出身。その後ノリッジを経て、2018年夏に移籍金2,000万ポンドでレスターに加入しました。

18-19シーズンは、レスターでの活躍が認められ、悲願のイングランド代表初選出を果たしています。

過去のクラブチーム

2013-2016コヴェントリー
2016-2018ノリッジ
2016
コヴェントリー(レンタル)
2016-2017
アバディーン(レンタル)
2018レスター

マディソンはレスターの将来を担う選手

ボーンマスのブルックスといい、マディソンは非常に将来性がある選手です。

このままレスターで経験を積めば、ビッグクラブで活躍する日も遠くはないでしょう。大きな怪我をしないことを願うばかりです。

レスターは、選手放出には消極的な傾向があります。現在、マンチェスター・シティでプレーをするマフレズが良い例でしょう。

個人的には、プレミアリーグのビッグクラブで活躍するところをみたいので、各ビッククラブは高い移籍金を積んで獲得して欲しいですね。

DAZNでサッカーにもっと詳しくなろう

サッカーを今よりもっと詳しくなりたいなら、サッカーを観るしかありません。
詳しくなれば、SNSでコアなツイートもできるし、友人たちとの会話で自慢もできます。
ぜひ、DAZNでサッカーを観まくりましょう!私も愛用しています。

あわせて読みたい記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
プレミアリーグ伝承記

PLAYERs運営者

いい歳したおっさん。社会人歴10年。年間50試合ほど海外サッカーを楽しんでいます。特にプレミアリーグを愛しています。詳しいプロフィールはコチラ「運営者情報

-プレミアリーグ
-,

Copyright© PLAYERs , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.