マルティネッリってどんな選手?プレースタイルを徹底解説

マルティネッリのプレースタイル

アーセナルのFWガブリエウ・マルティネッリのプレースタイルや経歴をまとめました。

マルティネッリは、高い潜在能力を秘めている選手で世界からも注目されています。また、リバプールのクロップ監督からも「今世紀最大の逸材」とまで言われました。

マルティネッリについて調べている方は、ぜひ参考にしてください。

マルティネッリのプレースタイル

左サイドからのカットインが得意

マルティネッリのポジションは、主に左ウイングなどの左サイドです。20-21シーズンのアーセナルであれば、オーバメヤンのポジションが最も得意としています。

縦への突破はあまり試みないですが、中に切り込んでシュートに持ち込むのがマルティネッリの大きな特徴です。

アルテタ監督は、マンチェスター・シティ時代にレロイ・サネラヒーム・スターリングをコーチングした経験があります。どちらもマルティネッリと同じエリエでプレーする選手です。

左アタッカーの攻撃ノウハウを持っている監督ですので、マルティネッリをさらに成長させてくれるでしょう。現に、オーバメヤンもアルテタ監督の元で、左サイドからの攻撃クオリティーを高めています。

マルティネッリが順調に成長することがでれきば、オーバメヤンの代役、いや、アンリの正統後継者として栄光の14番を背負うときが来るかもしれませんね。

スペースを嗅ぎ分ける力、ゴールへの嗅覚

マルティネッリは、19-20シーズン公式戦23試合に出場して10ゴールをあげています。あまりパッとしない数字かもしれませんが、彼は18歳でこの数字を作りました。

また、2019/10/3に行われたヨーロッパリーググループステージのスタンダール・リエージェ戦では、18歳107日で2ゴール1アシストの活躍。欧州大会のアーセナルの史上最年少記録になりました。

これらの要因は、マルティネッリがスペースを見つける能力に加えて、ゴールへの嗅覚を持ち合わせているからだと言われています。

裏付けする数字はありませんが、ゴールをあげている以上、マルティネッリの能力の高さは疑う余地がありません。

ちなみに、センセーショナルなゴールといえば、下記のゴールです。

カンテがスリップするという幸運もありましたが、これを決めきれる能力がある。これがアタッカーとして大切だと思います。

マルティネッリのプロフィール

名前ガブリエウ・テオドロ・マルティネッリ・シウヴァ
(Gabriel Teodoro Martinelli Silva)
代表ブラジルorイタリア
生年月日2001年6月18日
身長180cm
体重75kg
ポジションFW
利き足

マルティネッリは、今でこそ有名になりましたが、アーセナルにくるまで全くの無名選手でした。18歳までブラジルの4部リーグに所属し、バルセロナやマンチェスター・ユナイテッドのトライアルも不合格。

陽の目が当たることがないと思われましたが、アーセナルのスカウト陣がマルティネッリをリストアップ。670万ユーロというバーゲン価格で獲得しました。

同僚かつ同胞のダビド・ルイスは、勤勉性・献身性に優れており、貪欲な姿勢でサッカーを学んでいるというようなコメントを残しています。

ブラジル人は感性でサッカーをする傾向にありますが、マルティネッリは現代的な要素も持ち合わせています。

代表

マルティネッリは、ブラジル人とイタリア人のハーフ。そのため、ブラジルとイタリアの代表を選ぶことができます。

これまでの代表経験は、2019年5月にブラジルU-23に選出されています。どちらの代表を選択するのかにも注目したいですね。

過去のクラブチーム

2018-2019イトゥアーノFC
2019-アーセナル

\ 他チームの選手たちを調べよう /

※アイコンをクリックしてください

  • ArsenalManchester CityBayern München
  • CHELSEAAtlético de MadridRasenBallsport Leipzig
  • LiverpoolBarcelonaINTEL
  • TOTTNHAMReal MadridJuventus
  • Manchester UnitedDortmundNapoli

関連記事

  • この記事を書いた人
プレミアリーグ伝承記

PLAYERs運営者

海外サッカー選手のプレースタイルやニュースなど、独自の目線で情報発信しています。Twitterをフォローして情報をキャッチ!

-アーセナル

© 2020 PLAYERs Powered by AFFINGER5