ブルーノ・フェルナンデスのプレースタイル

ブルーノ・フェルナンデスってどんな選手?プレースタイルを徹底解説

マンチェスター・Uのポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデスのプレースタイルをまとめました。

フェルナンデスは、19-20シーズンの冬の市場でマンチェスター・Uに移籍しました。移籍金は5500万ユーロ+ボーナスで最大8000万ユーロと言われています。

本記事では、ブルーノ・フェルナンデスの凄さや特徴を紹介しています。同選手について調べている方は、ぜひ読んでみてください。

ブルーノ・フェルナンデスのプレースタイル

ブルーノ・フェルナンデスのポジション

攻撃的ミッドフィルダーで、4-5-1のトップ下や4-3-3のインサイドハーフなどでプレーしています。

MFなのに公式戦28ゴールをあげられる得点力

ブルーノ・フェルナンデスは、スポルディング時代の09-10シーズンに公式戦28ゴールをあげています。この数字は、09-10シーズンにランパードが更新した欧州MF最多得点記録27点を超える数字。

得点をあげることができるということは、的確なポジショニングと高いキック精度があるからです。また、フリーキックも得意でマンチェスター・ユナイテッドでもたびたびキッカーとしてゴールを狙っています。

マンチェスター・ユナイテッドは一時期、得点力不足に悩んでいましたが、ブルーノ・フェルナンデスによりそれが解消されそうです。

1試合平均タックル数1.7回、意外な守備データ

フェルナンデスは攻撃的な印象が強い選手ですが、意外と守備をする選手です。18-19シーズンのデータによれば、1試合の平均タックル数は1.7回、インターセプトは0.4回。

セントラルMFのポジションであれば充分な数字です。ちなみに、18-19シーズンのポグバはタックル数1.3回、インターセプト0.5回。

データの差異は小さいですが、ちょっとだけポグバよりも献身性がある選手かな?という印象です。

攻撃においても心強い選手ですが、献身的な守備ができるのも好印象!

チャンス創出力が高い

一部のニュースによれば、マンチェスター・Uはブルーノ・フェルナンデスの獲得になかなか踏み切れなかったそうです。

その理由がパス成功率。

フェルナンデスの18-19シーズンのパス成功率は75%、ポグバの83%に比較すると8%も違います。

その点が懸念材料になってしまい、一度は移籍を見送ったと言われています。

ただ、パス成功率は低いですが、キーパス本数が多い選手です。そのためチャンス創出力は非常に高い。現に、マンチェスター・ユナイテッドでも多くのアシストを記録しています。

ブルーノ・フェルナンデスのプロフィール

名前ブルーノ・ミゲル・ボルジェス・フェルナンデス
(Bruno Miguel Borges Fernandes)
代表ポルトガル
生年月日1994年9月8日
身長173cm
体重65kg
ポジションMF
利き足

父親は元サッカー選手、母はFCポルトの熱狂的ファン。生粋のサッカー家庭生まれ。18歳の頃、イタリアのウディネーゼで3シーズン主力としてプレー。

その後、サンプドリアに移籍するが思うような結果が出せず、スポルティングに移籍し才能が開花。1年目から16ゴール20アシストとトップ下で躍動。

スポルティングの活躍が評価され、2020年冬にマンチェスター・Uへ移籍しています。

代表

2017年A代表デビューを果たし、2018年ロシアW杯にも招集されています。

ポルトガル代表には、ベルナルド・シウバやジョアン・フェリックスなど有望な若手が多くいます。

トップ下にはブルーノ・フェルナンデス、右にベルナルド・シウバ、トップにジョアン・フェリックス。想像しただけでよだれが出そうです。

過去のクラブチーム

2012-2013ノヴァーラ
2013-2016ウディネーゼ
2016-2017サンプドリア
2017-2020スポルティング
2020-マンチェスター・U

サッカー観戦力が上がるオススメ本!

サッカー観戦がグッと面白くなる読むべき5冊の本

今よりもサッカー観戦が楽しくなるような本を5冊ピックアップしました。

モダンなサッカー戦術からサッカーの歴史を知ることができますし、最後の1冊はマンガもピックアップしています。

サッカー観戦初心者でも、比較的読みやすい本なので、ぜひご覧になってみてください。

関連記事

  • この記事を書いた人

PLAYERs運営者

海外サッカー選手のプレースタイルやニュースなど、独自の目線で情報発信しています。Twitterをフォローして情報をキャッチ!

-マンチェスター・U
-,