リンガードってどんな選手?プレースタイルなど徹底解説

リンガードのプレースタイル

マンUの主力となったリンガード。豊富なスタミナを生かしピッチを駆け巡るタイプの選手で、攻撃から守備まで献身的な働きをみせています。

イングランド代表にも選ばれ背番号は「7番」、あのベッカムが付けていた番号です。

リンガードはクラブ・代表でも活躍していますが、日本ではなかなか報じられない選手。チーム貢献度が素晴らしい選手ですので、この機会に覚えておきましょう!

リンガードのプレースタイル

攻守に貢献する運動量

攻守において献身的な動きをするのがリンガードです。

わかりやすいイメージであれば、バルセロナやインテルで活躍したエトーのようなタイプ。エトーも前線からプレッシングをかける前線選手でしたね。

豊富な運動量を生かし、ピッチをかけ走るリンガードは黒子役的な働きもします。

サイド・トップ下でもプレーができる

リンガードはサイドでもトップ下でもプレーができます。試合をみると、状況に応じてサイドと中央を行き来しています。

ラッシュフォードやマルシャルのようなゴールゲッターではなく、ゴールを演出する動きなど前線を活性化する汗かき役です。

また、スペースを見つけるのが非常に上手く、守備から攻撃へ繋げるリンクマンとして働くこともあります。

とても器用な選手で様々なタスクが与えられているから、リンガードだけを観ていても面白いですね。

チームの黒子役

リンガードは、前線にボールを運ぶ、守備に走る、バイタルエリアにも顔を出す、攻守において献身的ですから、チームの黒子役。

ゴールやスルーパスなど興奮するような活躍はありませんが、チーム貢献度といったら随一だと思います。だから、代表にも選ばれるし、マンUのレギュラーを掴めると思います。

19-20シーズン

自身も今シーズンは不調だったと語っているリンガード。不調の原因は監督の交代でしょう。

元々走り回るのが得意ですから、ボールを保持する相手には有効でした。しかし、スールシャールに変わりボールを保持する側になってしまったことでプレースタイルを崩してしまった印象があります。

ただ、リンガードのような選手はチームに必要です。スタミナが豊富で献身性が高い選手はプラスです。スールシャールのサッカーに適応することができれば、いつものリンガードの戻るはずですので来季も引き続き注視したいプレイヤーですね。

リンガードのプロフィール

名前ジェシー・リンガード
代表イングランド
生年月日1992年12月15日
身長175cm
体重58kg
ポジションMF
利き足
主なタイトルEL優勝(16-17)

今となっては、マンチェスターUのスターティングメンバーですが、それまではレンタル移籍を繰り替えるなど転々としていました。

レスターやバーミンガムなど着実に力を付け、マンUレギュラーを獲得した苦労人でもあります。そういった経緯があるからこそ、献身的なプレースタイルが培われたかもしれませんね。

ただ、女癖は悪いそうです。2018年3月には「浮気報道」が流れました…プレーは尽くすタイプなのに、女性には尽かさないカッコいい野郎です。

過去のクラブチーム

2011-マンチェスターU

※2012-2013はレスターへレンタル
※2013-2014はバーミンガムへレンタル
※2014はブライトンへレンタル
※2015はダービー・カウンティへレンタル

まとめ

リンガードは試合中、いたるところにいます。ボールを保持していなくても、画面に映ったりする選手です(笑)

だから、ボールを持っていない状態の動きも楽しめる数少ないプレイヤーです。現代サッカーは、ボールを持っていない選手の動きが非常に重要視されています。

リンガードもその1人ですので、もしマンUの試合を視聴する時は注目してみましょう!

\ 他チームの選手たちを調べよう /

※アイコンをクリックしてください

  • ArsenalManchester CityBayern München
  • CHELSEAAtlético de MadridRasenBallsport Leipzig
  • LiverpoolBarcelonaINTEL
  • TOTTNHAMReal MadridJuventus
  • Manchester UnitedDortmundNapoli

関連記事

  • この記事を書いた人
プレミアリーグ伝承記

PLAYERs運営者

海外サッカー選手のプレースタイルやニュースなど、独自の目線で情報発信しています。Twitterをフォローして情報をキャッチ!

-マンチェスター・U
-,

© 2020 PLAYERs Powered by AFFINGER5