メイソン・グリーンウッドってどんな選手?プレースタイルなど徹底解説

メイソン・グリーンウッドのプレースタイル

マンチェスター・ユナイテッドのイングランド人メイソン・グリーンウッドのプレースタイルや経歴をまとめました。

グリーンウッドは、クラブの希望として注目されている選手です。本記事はどういったプレーをするのか知れる内容になっています。ぜひ読んでみてください。

メイソン・グリーンウッドのプレースタイル

左サイドからの攻撃力が高い

グリーンウッドの主戦場は、主に左サイドのウイングやサイドハーフでプレーすることが多いです。

サイド深くからやハーフスペースから中央へカットインすることを好む選手です。イメージとしては、元オランダ代表でバイエルンで活躍したアリエン・ロッベンのようなイメージですね。

カットインしてからも重要で、グリーンウッドはシュートまでの振りが非常にコンパクトで力強く鋭いシュートを打つことができるのも特徴的です。

カットインやシュートセンスも相まって19-20シーズンのプレミアリーグでは、31試合に出場して10ゴールをあげています。

10代で10ゴールを挙げたのは、2012-13シーズンのルカク(14ゴール)以来。18歳では、ロビー・ファウラー(10ゴール)とマイケル・オーウェン(18ゴール)に続いて3人目の快挙を達成しています。

まさかの両利き!逆足精度でDFを惑わす

本来の利き足は左足ですが、チームメイトのリンデロフは「彼はどちらが本当の利き足かわからない」と発言するほど、グリーンウッドは両足を巧みに使うことができる選手です。
ただでさえ、左利きも希少なのにそれが両利きとかどんなチートですか?と思ってしまうほどです。

両足を使える利点は大きく、縦に突破してクロスをあげるのもいいですし、中へ切り込んでシュートを放つことができます。シンプルに選択肢が増えるのが、両利きの特徴的です。

想像してみてください、自分がディフェンダーでグリーンウッドがドリブルを仕掛けたときどちらをケアしますか。

左利きであれば左を重点的に意識すると思いますが、グリーンウッドの場合は両方とも警戒しなければなりません。ディフェンダーにとっては、厄介意外の何物でもないでしょう。

メイソン・グリーンウッドのプロフィール

名前メイソン・グリーンウッド
(Mason Greenwood)
代表イングランド
生年月日2001年10月1日
身長181cm
体重65kg
ポジションFW
利き足

6歳のときにマンチェスター・ユナイテッドのユースに入団。以降、マンチェスター・ユナイテッド一筋で、18-19シーズンにわずか17歳と156日でトップチームデビューを果たします。

2020年8月には代表招集されたものの、マンチェスター・シティのフィル・フォーデンとともにホテルに女性を呼び込み、規律違反として代表追放になりました。

また、数日後には過去の笑気ガスを吸引する映像が流出してしまい、ホテルと笑気ガス2つの謝罪をしています。

プレーはいいですが、プロとしての品格・行動に多少の問題があるかもしれません。

過去のクラブチーム

2019-マンチェスター・ユナイテッド

\ 他チームの選手たちを調べよう /

※アイコンをクリックしてください

  • ArsenalManchester CityBayern München
  • CHELSEAAtlético de MadridRasenBallsport Leipzig
  • LiverpoolBarcelonaINTEL
  • TOTTNHAMReal MadridJuventus
  • Manchester UnitedDortmundNapoli

関連記事

  • この記事を書いた人
プレミアリーグ伝承記

PLAYERs運営者

海外サッカー選手のプレースタイルやニュースなど、独自の目線で情報発信しています。Twitterをフォローして情報をキャッチ!

-マンチェスター・U
-,

© 2020 PLAYERs Powered by AFFINGER5