ロドリゴ・エルナンデスってどんな選手?プレースタイルを徹底解説

ロドリゴ・エルナンデスのプレースタイル

マンチェスター・シティのスペイン人ロドリゴ・エルナンデス(以下:ロドリ)のプレースタイルをまとめました。

ロドリは、NEXTブスケツと呼ばれる逸材です。アトレティコで頭角を現し、2019年夏の移籍市場でも各チームがリストアップするプレイヤーです。

本記事では、ロドリがどのようなプレーをするのか分かる内容です。彼について調べている方は、ぜひ一読してみてください。

ロドリゴ・エルナンデスのプレースタイル

ブスケツのようなボール捌き。ビルドアップのスタート地点

ロドリはブスケツのようなボール捌きができる選手です。プレッシャーをかけられても両足を巧みに操り、相手のプレスを剥がします。ロドリの身長は190cmであり体の線も細いため、プレーする姿はブスケツさながらです。

また、アトレティコにおいては、ビルドアップのスタート地点である選手です。ロドリは視野も広く、高いパス精度を持つ選手です。長短のパスを操り、チームに落ち着きとリズムを与えます。

ロドリは、類まれなテクニックを有しており、中盤を活性化することができる選手と言えます。

関連記事 ブスケツってどんな選手?プレースタイルを徹底解説

クレバーでクリーンなボール奪取

ロドリの強みは、攻撃だけではありません。守備能力も卓越したものがあります。現役時代のシメオネのようなガッツ溢れる守備はしませんが、的確に相手の動きを読んでスッとボールを刈り取ります。知的で綺麗なボール奪取をするのがロドリです。

しかも、数字にも現れています。17-18シーズンのボール奪取数は320回であり、この数字はシーズンナンバーワン。しっかりと結果を残しているのがロドリです。

高い危機察知能力で相手のスペースを消す

先述した通りロドリは高いボール奪取もあり、危機察知能力も優れています。

自陣のPA内では瞬時にスペースを見つけ埋めにかかったり、他の選手が危険な位置でボールロストしたらすぐにプレッシャーへと向かいます。優れた危機察知能力に加えて、高い守備意識があるのもロドリの大きな特徴です。

アトレティコ・マドリードではロドリの守備能力があるからこそ、サウールやトーマス・パーティーがより攻撃参加が出来ると言われています。

関連記事 サウール・二ゲスってどんな選手?プレースタイルなど徹底解説

ロドリゴ・エルナンデスのプロフィール

名前ロドリゴ・エルナンデス・カスカンテ
代表スペイン
生年月日1996年6月22日
身長190cm
体重78kg
ポジションMF
利き足

ロドリは、元々アトレティコ・マドリードの下部組織出身の選手でした。しかし、体力不足や体の細さを理由に放出され、ビジャレアルの下部組織へと移った経緯があります。

2015年にビジャレアルのトップチームへと昇格し、17-18シーズンは主力として活躍を果たしました。その後、2018年5月に5年契約でアトレティコ・マドリードへと復帰しました。

スペイン代表では、U-19・21に選出。18-19シーズンのような活躍を続ければ、A代表も近いと言われています。

過去のクラブチーム

2015-2018ビジャレアル
2018-2019アトレティコ・マドリード
2019-マンチェスター・シティ

まとめ

マンチェスター・シティのスペイン人ロドリゴ・エルナンデスについてでした。ロドリゴは、ブスケツの後継者やフェルナンジーニョの後継者と言われている逸材です。

まだ22歳と若い選手であるため、今後の成長が楽しみです。将来的には、ブスケツと比較されるような選手になって欲しいところです。

さいごに、ロドリのような素晴らしいアンカーをもっと知りたい方は「【サッカー】海外の注目すべき現役アンカー11人」も読んでみてください。スペシャルなアンカーを知れます。

DAZNでサッカーにもっと詳しくなろう

サッカーを今よりもっと詳しくなりたいなら、サッカーを観るしかありません。
詳しくなれば、SNSでコアなツイートもできるし、友人たちとの会話で自慢もできます。
ぜひ、DAZNでサッカーを観まくりましょう!私も愛用しています。

あわせて読みたい記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
プレミアリーグ伝承記

PLAYERs運営者

いい歳したおっさん。社会人歴10年。年間50試合ほど海外サッカーを楽しんでいます。特にプレミアリーグを愛しています。詳しいプロフィールはコチラ「運営者情報

-プレミアリーグ, マンチェスター・シティ
-, ,

Copyright© PLAYERs , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.