オタメンディってどんな選手?プレースタイルを徹底解説

オタメンディのプレースタイル

マンチェスター・シティのアルゼンチン代表ニコラス・オタメンディのプレースタイルをまとめました。オタメンディは、気持ちを前面に出し、気迫溢れるプレーでチームを鼓舞する選手です。

本記事を読めば、少なからずオタメンディについて詳しくなれます。同選手を調べている方は、ぜひ参考にしてください。

オタメンディのプレースタイル

1対1のデュエルに強い

オタメンディは、優れたディフェンス力を持った選手です。屈強なフィジカルを生かした昔ながらのDFタイプです。

現代サッカーは、足元の技術も問われています。なぜなら、ビルドアップに必要だからです。シティを指揮するペップは、オタメンディよりも優れた足元の技術を持つストーンズとラポルテを積極的に採用しているのが何よりもの証拠です。

確かに、オタメンディにはストーンズやラポルテのようなテクニックはありません。しかし、両者よりもオタメンディはインテンシティが高いプレーをすることができます。地上・空中でもタイトな守備が出来るのが、オタメンディの大きな強みです。

関連記事 エメリック・ラポルテってどんな選手?プレースタイルなど徹底解説

危険なプレーで度々批判の的になる

オタメンディは気持ちを前面に出すプレーが多いため、ときどき熱くなってしまいラフプレーをすることがあります。

例えば、ロシアW杯の決勝トーナメントのフランス戦では、ポグバへ激しいタックルを仕掛け物議を呼びました。

参照 https://celebsokuho.com/5796.html

同じくロシアW杯のクロアチア戦では、倒れたラキティッチに蹴りを入れたりしていました。

確かに、熱くなることは悪いことではありません。勝利への意欲も増すし、モチベーションも高まります。しかし、相手を傷つけるプレーは敬意にかけますし、レッドカードを貰ってしまったらチームに影響が出ます。ラフプレーは決して良い選択ではありませんので、そこだけ直して欲しいですね。

オタメンディのプロフィール

名前ニコラス・オタメンディ
代表アルゼンチン
生年月日1988年2月12日
身長183cm
体重81kg
ポジションDF
利き足

過去のクラブチーム

2008-2010ベレス・サルスフィエルド
2010-2014
ポルト
2014-2015バレンシア
2014アトレチコ・ミネイロ(レンタル)
2015-マンチェスター・シティ

まとめ

マンチェスター・シティのアルゼンチン代表DFニコラス・オタメンディについてでした。

オタメンディの強みは、フィジカルを生かしたディフェンスとガッツ溢れるプレーです。シティでも代表でも精神的支柱になるプレイヤーです。試合観戦時は、彼のプレーをチェックしてみましょう。

さいごに、もっと海外のセンターバックを知りたい方は「センターバック一覧」をご覧ください。たくさんの選手のプレースタイルを紹介しています。

あわせて読みたい記事

  • この記事を書いた人
プレミアリーグ伝承記

PLAYERs運営者

いい歳したおっさん。社会人歴10年。年間50試合ほど海外サッカーを楽しんでいます。特にプレミアリーグを愛しています。詳しいプロフィールはコチラ「運営者情報

-プレミアリーグ, マンチェスター・シティ
-, ,

Copyright© PLAYERs , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.