フンメルスってどんな選手?プレースタイルを徹底解説

フンメルスのプレースタイル

ドルトムントのドイツ代表DFマッツ・フンメルスのプレースタイルをまとめました。フンメルスは端正な顔立ちで、サッカー界のイケメンランキングでも上位に入る選手です(笑)

でも、顔だけではなく実力も本物。ドルトムント時代の08-09シーズンでは、ネヴェン・スポティッチと共に強固なディフェンスラインを作り上げ、リーグ優勝に貢献しています。また、リーグ2位の37失点で抑えての優勝でした。

それでは、イケメンでサッカーも上手いフンメルスを、もっと詳しくなりましょう!

フンメルスのプレースタイル

精度の高いフィード力でビルドアップにアクセント

フンメルス一番の持ち味は、フィード能力の高さです。ロングボールの精度が非常に高く、自陣の最終ラインから一気に前線へとボールを供給するシーンが散見されます。フィード力の高さでいえば、欧州でも5本の指に入るほどの精度だと思います。

イメージとしては、ユベントスのボヌッチのようなパスを繰り出します。長いボールを蹴れるフンメルスは、ビルドアップの選択肢を増やす選手です。

高い統率力でディフェンスラインをまとめる

フンメルスは、ドルトムントで二度の優勝を経験しています。08-09と10-11シーズンです。冒頭でも挙げましたが、08-09シーズンは37失点。リーグ2位の数字です。10-11シーズンは22失点のリーグ1位。どちらもフンメルスがディフェンスリーダーになって、優勝を飾っています。

数字でも読み取れるように、フンメルスはディフェンスラインを統率する力があると見受けられます。そうでなければ、上記の数字は出せないはずです。

バイエルンに移っても、持ち前の統率力で最終ラインを防衛しています。バイエルンの試合では、フンメルスの動きに注目したいところです。

セットプレーで脅威を与える

フンメルスは、191cm92kgと大きな体の持ち主です。ニクラス・ズーレよりも小さいですが、セットプレーにおいて脅威を与える背丈なのは間違いありません。

バイエルンでは、空中戦が強いボアテングがメインターゲットになっているため得点数は少ないですが、ドルトムント時代ではゴールを挙げていました。

セットプレーでは、ボアテングやニクラス・ズーレとともに貴重な選択肢となっています。

関連記事 ニクラス・ズーレってどんな選手?プレースタイルを徹底解説

フンメルスのプロフィール

名前マッツ・フンメルス
(Mats Julian Hummels)
代表ドイツ
生年月日1988年12月16日
身長191cm
体重92kg
ポジションDF
利き足

過去のクラブチーム

2007-2009バイエルン
2008-2009ドルトムント(レンタル)
2009-2016ドルトムント
2016-2019バイエルン
2019ドルトムント

まとめ

ドルトムントのドイツ代表DFマッツ・フンメルスについてでした。フンメルスはディフェンス・足元の技術が高いため、中々替えがきかない選手です。

個人的な印象ですが、前所属のバイエルンでもドイツでもボアテングより重宝されている印象です。将来的には、有望のニクラス・ズーレと共にドイツ代表のディフェンスラインを形成するのではないかと思います。

ただフンメルスは、30歳を超えてしまいましたので、第一線でプレーできる時間は残りわずかです。今のうちにしっかりとフンメルスのプレーを目に焼き付けたいですね。

\ 他チームの選手たちを調べよう /

※アイコンをクリックしてください

  • ArsenalManchester CityBayern München
  • CHELSEAAtlético de MadridRasenBallsport Leipzig
  • LiverpoolBarcelonaINTEL
  • TOTTNHAMReal MadridJuventus
  • Manchester UnitedDortmundNapoli

関連記事

  • この記事を書いた人
プレミアリーグ伝承記

PLAYERs運営者

海外サッカー選手のプレースタイルやニュースなど、独自の目線で情報発信しています。Twitterをフォローして情報をキャッチ!

-ドルトムント
-, ,

© 2020 PLAYERs Powered by AFFINGER5