トーマス・パーティってどんな選手?プレースタイルを徹底解説

トーマス・パーティのプレースタイル

アトレティコ・マドリードのガーナ代表トーマス・パーティのプレースタイルをまとめました。パーティは、サウール、コケ、ロドリで編成されるクアトリボーテ(4人のボランチ)の一人です。今では、アトレティコのサッカーに必要不可欠な選手になっています。

パーティーについて調べている方は、ぜひ本記事を参考にしてください。

トーマス・パーティのプレースタイル

CF・GK以外ならどこでも出来るユーティリティー性

トーマス・パーティは、高いユーティリティー性を持った選手です。本職のボランチから始め、センターバック・サイドバック・トップ下などフィールドのあらゆるとことでプレー可能です。一部では、シメオネの発明とまで言われている選手です。

昨今のサッカーは、可変システムの重要性がより問われています。その中で、あらゆるポジションで適正レベルのパフォーマスを披露できるトーマス・パーティは、心強い選手と言えるでしょう。

二列目の飛び出しでチャンスを作る

パーティは、アトレティコの攻撃を活性化させる動きをします。18-19シーズンは、ロドリの加入により攻撃に顔を出す機会が多くなりました。リーグ戦のデータでは、3ゴール4アシストと7つのゴールに関与しています。17-18シーズンは3ゴール0アシストでしたので、より前線でプレーする機会がデータ上でも読み取れます。

パーティは、サウールとともに2列目から攻撃に参加をし、アトレティコの攻撃に厚みを持たせています。

関連記事 ロドリゴ・エルナンデスってどんな選手?プレースタイルを徹底解説

エッシェンのような献身性

パーティは、チェルシーやACミランで活躍した同じガーナ人のマイケル・エッシェンのような献身性があります。エッシェンは、ボックストゥボックスの選手でピッチを縦横無尽に駆け走り、チームのために走りづけたレジェンドです。

パーティも同じく、高い献身性がある選手です。2列目からタイミングを見計らって攻撃参加したり、守備においてはフィジカルを生かしたディフェンスを行います。ピッチを縦横無尽に走る姿は、往年のエッシェンを彷彿させてくれます。

トーマス・パーティのプロフィール

名前トーマス・テイェ・パーティ
(Thomas Teye Partey)
代表ガーナ
生年月日1993年6月13日
身長185cm
体重75kg
ポジションMF
利き足

パーティは、アトレティコの下部組織出身。15-16シーズンにトップチームデビューを飾り、主力として今もなお活躍しています。

2019年4月には妻であるジュゼッピナ・ナナ・アクナ・バーフィさんの間に子どもを授かるも、パーティとは血が繋がっていないとか...。

過去のクラブチーム

2013-アトレティコ・マドリード
2013-2014
マヨルカ(レンタル)
2014-2015アルメリア(レンタル)

まとめ

アトレティコ・マドリードのガーナ代表トーマス・パーティについてでした。アトレティコでは、クアトリボーテの1人としてシメオネに信頼されている選手です。

これからキャリアピークを迎えていくと思いますので、今後の活躍にも期待ができます。また、移籍の話が尽きない選手ですので、これからの去就も見逃せないです。

DAZNでサッカーにもっと詳しくなろう

サッカーを今よりもっと詳しくなりたいなら、サッカーを観るしかありません。
詳しくなれば、SNSでコアなツイートもできるし、友人たちとの会話で自慢もできます。
ぜひ、DAZNでサッカーを観まくりましょう!私も愛用しています。

あわせて読みたい記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
プレミアリーグ伝承記

PLAYERs運営者

いい歳したおっさん。社会人歴10年。年間50試合ほど海外サッカーを楽しんでいます。特にプレミアリーグを愛しています。詳しいプロフィールはコチラ「運営者情報

-アトレティコ・マドリード, ラ・リーガ
-, ,

Copyright© PLAYERs , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.