トッテナム プレミアリーグ

ハリー・ケインってどんな選手?プレースタイルなど徹底解説

ハリーケインのプレースタイル

トッテナムのイングランド代表FWハリー・ケインのプレースタイルなどをまとめました。

ケインは、トッテナムの象徴的なフットボーラーで、本人も「このクラブのレジェンドになりたい」と明言するなど相思相愛な関係を築いています。

イングランド代表では、25歳でキャプテンを任されるなど国を代表する選手です。

本記事では、ハリー・ケインを今より詳しくなれる内容となっていますので、ぜひチェックしてください。

ハリー・ケインのプレースタイル

ハリー・ケインは、高いショート精度でゴールを量産しつつ、前線からのプレスも積極的に行える現代型FWです。

プレス能力は、リバプールのフィルミーノに比べると劣ってしまいますが、充分な役割を果たすことができます。

攻撃している時のプレーエリアは、ペナルティーエリアに張り付いているだけではなく、相手DFとMFの間に降りてきてスペースを作るなど積極的な動きをします。

そのためケインは、ただのボックスストライカーではなく、現代戦術に対応した万能型FWといえるでしょう。

では、細かいプレースタイルを解説していきます。

高い決定力でゴールを量産!トッテナムのスコアラー

トッテナムのエースとして活躍するケイン。その凄さは何と言っても、決定力の高さです。ゴール前でケインにボールが渡ったら得点を決めるのでは?と期待してしまうくらい高いです。

過去の実績も素晴らしく、14-15シーズンから20ゴール以上をマークし、17-18では自身初の30ゴールをあげました。

ケインは、誰もが驚くようなスーパーゴールではなく、確実に点を決められるプレイヤーです。ゴールの隅にボールを蹴れるシュート精度、長身を生かしたヘディング技術、タイミング。ゴールを奪うことができる能力が備わっています。

特に、ポジショニングが抜群に上手いと思います。しっかりとゴールをあげられる位置にいるのがケインです。

ゴールだけではない!ポストプレーなど味方を活かすことにも長けている

ケインはペナルティーボックスに滞在するボックスプレイヤーではなく、ポストプレーなど味方を活かすことにも長けています。2トップを組む、ソンフンミンやトップ下のデレ・アリエリクセンなどと絶妙な連携を図っています。

ケインが相手マークを引きつけてくれるおかげで、周りの選手が自由にプレーすることができています。

1試合通して動き回れる運動量もケインの凄さであり、自身のプレースタイルを確立している基盤なのかもしれません。

ゴールを奪えなくても優れた献身性でチームに貢献

もちろん、ケインは全知全能の神ではありません。ゴールを奪えない時期もあります。

18-19シーズンはコンディションが上がらず、怪我も重なって2019年2月17日時点で14ゴール。5シーズン連続20ゴールは潰えるのではないかと言われています。

しかし、ケインの凄さはゴールだけではありません。ファーストディフェンダーとして、守備にしっかりと走ります。ポチェッティーノ監督の戦術は、前線からの速いプレッシングがベースです。

ケインは、それに対応することができる献身性があります。

ハリー・ケインの欠点・弱点

ケインはストライカーとして多くのゴールを奪い、チームのエースとして大車輪の活躍をしています。弱点や欠点といったところは、ほぼ無く完成された選手だと思います。

しかし、強いて挙げるなら「スピード」です。ケインはシティのスターリングやリバプールのサラーのように、スピードがある選手ではありません。

この2選手と比較するのは極端ですが、ケインのスピードは並の選手です。

それを補えるほどのシュート精度やポジショニングあるため気にならないですが、「ケインがムバッペのように足も速かったらヤバイよね…」と常々考えてしまいます。

「天は二物を与えず」ということですね。

ハリー・ケインのプロフィール

名前ハリー・エドワード・ケイン(Harry Edward Kane)
代表イングランド
生年月日1993年7月28日
身長188cm
体重86kg
ポジションFW
利き足
主なタイトルプレミアリーグ得点王(2016年、2017年)
トッテナム年間最優秀選手

幼少期の頃からスパーズファンだったケインですが、ユースチームはトッテナムと同じロンドンチーム「アーセナル」でした。アーセナルにいたときから、すでにトッテナムでプレーしたかったとか。

その後、無事?アーセナルから放出され、ワトフォードを挟み、11歳の時にトッテナムのユースチームへ入団。12-13シーズンの開幕戦ニューキャッスル戦でプロデビューを果たしました。

そこから、ノリッジやレスターなどレンタル移籍で力をつけて、2014年にトッテナムへと復帰しています。

ケインはプライベートも順調で、同じ学校の幼馴染であるケイティー・グッドランドさんと結婚をしています。2017年1月に第一子となる女の子を授かっています。

過去のクラブチーム

2010-トッテナム 
2011レイトン(レンタル)
2012ミルウォール(レンタル)
2012-2013ノリッジ(レンタル)
2013レスター(レンタル)

移籍について

移籍市場が開くと、必ずケインの名前があがります。獲得を狙っているチームは、スペインの名門「レアル・マドリー」です。

レアルのトッテナム出身選手といえば、ベイルとモドリッチがいます。個人的には、過去に両者の関係があるからこそ、ケインもレアルじゃないの?と言われていると思います。

では「ケインも移籍するの?」と思われるかもしれませんが、レアルへ移籍する可能性は限りなく低いと考えています。

まず、ケイン自身がトッテナムで満足しているように見えるし、幼少期からファンだと明言するほど愛があります。トッテナムから出ていくことは、非常に考えにくいです。(お金を積まれたら分からないですが…)

ケインの関連商品

まとめ

トッテナムのイングランド代表FWハリー・ケインのプレースタイルなどをまとめました。

ケインは、クラブでもイングランド代表としても重要であり、才能溢れるフットボーラーです。年齢的にみれば、あと5年はトップフォームでやれると思います。

大きな怪我をすることなく、世界最高FWと呼ばれるよう頑張って欲しいですね。

あわせて読みたい記事

海外サッカーを見るなら『DAZN』

DAZN

海外サッカーを観たいなら、まず押さえておくのが「DAZN」です。プレミアリーグ、ラ・リーガ、リーグアン・セリエAなど欧州トップリーグを視聴することができます。月額1,750円(税抜)と高額に感じるかもしれませんが、金額以上にコンテンツが豊富であるため満足できるサービスです。事実、私自身は手放すことができないサービスまでランクアップしています。評価・レビュー記事も執筆していますので、そちらも参考にしてみてください。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
プレミアリーグ伝承記

PLAYERs運営者

いい歳したおっさん。社会人歴10年。年間50試合ほど海外サッカーを楽しんでいます。特にプレミアリーグを愛しています。詳しいプロフィールはコチラ「運営者情報

-トッテナム, プレミアリーグ
-, ,

Copyright© PLAYERs , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.