ルーカス・モウラってどんな選手?プレースタイルを徹底解説

ルーカスモウラのプレースタイル

トッテナムのブラジル人ルーカス・モウラのプレースタイルをまとめました。モウラは、ネイマールと同様に若い頃から期待されていた選手でした。なかなか芽が出ずに苦しんでいますが、ポテンシャルの高さは伺えるプレイヤーです。

本記事では、ルーカス・モウラのドリブルや突破力をメインに紹介しています。

ルーカス・モウラのプレースタイル

キレッキレのドリブル突破でチャンスを作り出す

ルーカス・モウラの特徴はドリブルです。パリ・サンジェルマン時代は、複数人に囲まれても単騎で突破するシーンが散見されました。縦の推進力が非常に高く、サイドから一気に駆け上がってチャンスを作り出します。ネイマールのような細かいボールタッチが出来る選手であり、巧みなボール捌きで相手を抜き去るのが得意です。

モウラが如何にゴールへ絡んでいるかは数字でも現れており、パリ・サンジェルマン時代は229試合に出場し46ゴール50アシストを記録しています。

ルーカス・モウラのドリブルは、相手に取って嫌がるスキルです。ケインやソン・フンミン、デレ・アリと上手く連携取れれば、よりそのドリブルが活きるでしょう。

関連記事 孫興民(ソン・フンミン)ってどんな選手?プレースタイルなど徹底解説

間延びする後半からは脅威

ルーカス・モウラはドリブル技術も素晴らしいですが、スピードもある選手です。スピードを利用して一気に相手を剥がすことが出来る選手です。イメージとしては、アーセナルで活躍したウォルコットのようなイメージです。トッテナムであれば、アーロン・レノンがもっとも近しい選手だと思います。

スピードがあるモウラは、間延びする後半から出場したら脅威です。疲れている時間帯に快足のモウラは、相手からしたら厄介以外の何物でもありません。現在では、トッテナムの1つのオプションになっています。

決定力とオフザボールの動きが良くなればバケモノになれる

ルーカス・モウラは、ネイマールやコウチーニョ同様に将来を期待されていた選手の1人でした。ドリブルスキルのポテンシャルは、ネイマールと同じくらいあると見受けられます。

しかしながら、ネイマールのような決定力がなく、コウチーニョのようなオフザボールの動きもできません。この2つの能力を上げることが出来れば、今よりも相手に脅威を与えられる選手になるでしょう。

ルーカス・モウラのプロフィール

名前ルーカス・ロドリゲス・モウラ・ダ・シルヴァ
(Lucas Rodrigues Moura da Silva)
代表ブラジル
生年月日1992年8月13日
身長172cm
体重72kg
ポジションWG/MF
利き足
主なタイトルリーグ・アン優勝

過去のクラブチーム

2009-2012サンパウロ
2013-2018パリ・サンジェルマン
2018-トッテナム

まとめ

トッテナムのブラジル人ルーカス・モウラを紹介しました。モウラは、まだまだ将来がある選手です。トッテナムでトレーニングを積み、結果を残して欲しいですね。若い頃から期待されただけあって潜在能力はピカイチです。

ケインやエクリクセンなど、他トッテナム選手のプレースタイルは「【トッテナム】所属選手のプレースタイルを紹介!」でまとめています。ルーカス・モウラとあわせてチェックしてみてください。

 

あわせて読みたい記事

  • この記事を書いた人
プレミアリーグ伝承記

PLAYERs運営者

いい歳したおっさん。社会人歴10年。年間50試合ほど海外サッカーを楽しんでいます。特にプレミアリーグを愛しています。詳しいプロフィールはコチラ「運営者情報

-トッテナム
-, ,

Copyright© PLAYERs , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.