クリスティアン・エリクセンってどんな選手?プレースタイルなど徹底解説!

エリクセン プレースタイル

トッテナムのデンマーク代表クリスティアン・エリクセンのプレースタイルをまとめました。

エリクセンは、レアル・マドリードなどビッククラブが狙っている優秀な選手です。トッテナムでは、ソン・フンミンやハリー・ケイン、デレ・アリと攻撃陣を牽引しています。

本記事は、エリクセンをより詳しくなれる内容となっています。エリクセンについて調べている方は、ぜひ一読してみてください。

エリクセンのプレースタイル

トッテナムのエリクセンは、トップ下でプレーすることが多いです。いわゆる、10番のポジションで存在感を発揮しています。

豊富な運動量を生かし、後方まで下がってゲームを作ることができます。トッテナムでは欠かせない選手となっています。

高いパス精度でアシストを量産できる

エリクセンは、広い視野と高いパス精度が魅力的です。マンチェスター・シティのデ・ブライネのように、アシストを量産できるタイプです。

そこで、これまでのアシストデータをまとめました。

15-1613アシスト
16-1715アシスト
17-1810アシスト
18-199アシスト

※18-19シーズンは2019年2月12日現在

エリクセンは、データでもわかる通り、多くのゴールを生み出すことができる天才演出家といえるでしょう。

広大なエリアでプレーできる豊富な運動量

エリクセンは、アシストなど攻撃的な側面に目がいきがちですが、豊富な運動量を持っていることも特徴の1つです。

エリクセンは、フィジカルがあまり強くない選手です。むしろ、タイトなプレミアでは戦うことが難しいくらいのフィジカルです。

しかし、フィジカルを補うために、豊富な運動量を生かして広いピッチを自由に使い、相手にマークされないことを徹底しています。

相手を惑わすことができる運動量があるからこそ、フィジカル面が弱くてもエリクセンは輝き続けているのです。

ここに高いパス精度が加わっているから、そりゃあ素晴らしい選手ですよ。

プレースキック精度でチャンスを作れる

エリクセンの大きな特徴の1つプレースキック。フリーキックやコーナーキックは、彼の強みを活かす絶好のシーンです。

ゴール30m付近からのフリーキックを蹴らせたら、ゴールシーンが見られるのではないか?と期待してしまうほどです。もちろん、コーナーキックも然り。

それほど、エリクセンのプレースキックは脅威を与える武器です。

エリクセンのプロフィール

名前クリスティアン・エリクセン
代表デンマーク
生年月日1992年2月14日
身長182cm
体重76kg
ポジションMF
利き足
主なタイトルデンマーク年間最優秀サッカー選手賞

18歳の時に、アヤックスのトップチームデビューを飾り、11-12シーズンは15アシスト、12-13シーズンは13アシストを記録しました。

その後、13-14シーズン途中でトッテナムへと移籍し、今日まで毎年安定したパフォーマンスを披露しています。

デンマーク代表では、2018年ロシアW杯に出場するなど、順風満帆なキャリアを送っています。

性格は、内気でシャイであると言われています。

エリクセンの移籍について

エリクセンは、18-19シーズン後に移籍するのではないかと言われています。スペインの名門バルセロナやレアル・マドリードが獲得を模索しているそうです。

個人的な予想ですが、金銭面に折り合いがつけば、レアル・マドリードへ移籍するのではないかと思います。なぜなら、トッテナムとレアル・マドリードはビジネス仲間だからです。

過去には、ベイルやモドリッチがトッテナムからレアル・マドリードへ移籍しています。トッテナムからすれば、金満なレアル・マドリードとの関係をこじらせたくない思いがあるのではないかと…もし、レアルの宿敵バルセロナに渡せば関係悪化が充分に考えられます。

したがって、エリクセンが移籍するならレアル・マドリードだと思います。トッテナムも契約延長を打診していますが、エリクセン側に3度も拒否されたニュースがありました。

また、エリクセンの代役としてレスターの10番ジェームズ・マディソンを狙っているという報道もあります。

トッテナムの上層部は、すでにエリクセン流出後を考えているかもしれません。

過去のクラブチーム

2010-2013アヤックス
2013-トッテナム

まとめ

トッテナムのデンマーク代表クリスティアン・エリクセンのプレースタイルなどでした。

もしかしたら、18-19シーズンがトッテナムでプレーするエリクセンの最後かもしれません。しっかりと目に焼きつけ、温かい眼差しで見送りましょう!

では、ここまで読んでいただきありがとうございました。もし、お時間があれば、下記の選手もご覧になってみてください。

あわせて読みたい記事

  • この記事を書いた人
プレミアリーグ伝承記

PLAYERs運営者

いい歳したおっさん。社会人歴10年。年間50試合ほど海外サッカーを楽しんでいます。特にプレミアリーグを愛しています。詳しいプロフィールはコチラ「運営者情報

-トッテナム, プレミアリーグ
-, ,

Copyright© PLAYERs , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.