ロフタスチークってどんな選手?プレースタイルを徹底解説

ロフタスチークのプレースタイル

チェルシーのイングランド代表MFルーベン・ロフタス=チーク(以下:ロフタスチーク)のプレースタイルをまとめました。

ロフタスチークはチェルシーならびにイングランド代表でも将来を期待されている選手です。

本記事では、ロフタスチークの身体能力の高さとボールキープ力、そして今後の課題について触れています。

ロフタスチークのプレースタイル

パワーとテクニックを兼ね備えた万能型

ロフタス=チークは、191cm88kgという大柄な選手です。あのポール・ポグバと同じような体格の持ち主です。そのためロフタスチークは、大型MFとして大きな注目を浴びています。

体格からわかるようにパワフルで、フィジカルを生かすプレーが多く散見されます。

また、ロフタス=チークはテクニックも兼ね備えています。細かなボールタッチでドリブル突破も出来るし、ポグバには劣ってしまいますがパス精度も高いものがあります。

ポグバと似たような系譜ですが、他にはマンチェスター・シティで活躍したヤヤ・トゥーレやチェルシーのバラックに似た選手です。

両者とも大きな体格をしていますが、高いテクニックを持ち合わせていた選手です。最終的にはロフタス=チークも同じような活躍をして欲しいですね。

関連記事 ポグバってどんな選手?プレースタイルなど徹底解説

191cmという体格を生かしたボールキープ

ロフタスチークの醍醐味は、強く大きな体を生かしたボールキープ力です。フィジカルも強く足元の技術も高いため、相手のプレスを回避することができます。手足のリーチが長いため、ボールに触らせないキープをロフタスチークはします。

複数人に囲まれたらピンチになりますが、1対1であれば、ボールロストが非常に少ない選手だと思います。巨体を生かしたボールキープは、ロフタスチークの大きな武器です。

パスのアイディアが増えれば手がつけられない

恵まれた体格かつ足元の技術が高いロフタスチークですが、まだまだ課題は山積みです。ポジショニングや守備などあらゆる面を強化しなければ、チェルシーでは絶対的な選手になりません。

特に伸ばして欲しい面がパスのアイディアです。ロフタスチークは、試合を見る限り単調なパスしか出せません。いわゆる”繋ぐ”のみのパスです。それだけであれば、相手に脅威を与えることができません。

だからこそロフタスチークは、パスのアイディアや選択肢を増やし、前線にキーパスを送れるような選手になって欲しいですね。そうすれば攻撃に選択肢が与えられ、幅広い攻撃を行えると思います。

ロフタスチークのプロフィール

名前ルーベン・アイラ・ロフタス=チーク
(Ruben Ira Loftus-Cheek)
代表イングランド
生年月日1996年1月23日
身長191cm
体重88kg
ポジションMF
利き足

過去のクラブチーム

2014-チェルシー
2017-2018クリスタルパレス(レンタル)

まとめ

チェルシーのイングランド代表MFルーベン・ロフタス=チークについてでした。次世代のバラックあるいはヤヤ・トゥーレになれるのではないかと虎視眈々と注目しています。

次世代のスーパープレイヤーになるかもしれませんので、チェルシー以外のファンの方も注目しておきましょう!

\ 他チームの選手たちを調べよう /

※アイコンをクリックしてください

  • ArsenalManchester CityBayern München
  • CHELSEAAtlético de MadridRasenBallsport Leipzig
  • LiverpoolBarcelonaINTEL
  • TOTTNHAMReal MadridJuventus
  • Manchester UnitedDortmundNapoli

関連記事

  • この記事を書いた人
プレミアリーグ伝承記

PLAYERs運営者

海外サッカー選手のプレースタイルやニュースなど、独自の目線で情報発信しています。Twitterをフォローして情報をキャッチ!

-チェルシー
-, ,

© 2020 PLAYERs Powered by AFFINGER5