メイソン・マウントってどんな選手?プレースタイルを徹底解説

メイソン・マウントのプレースタイル

チェルシーのイングランド代表MFメイソン・マウントのプレースタイルをまとめました。マウントは、”ランパードの後継者”と呼ばれる逸材で、19-20シーズンは序盤から強烈なインパクトを残しています。

本記事では、メイソン・マウントの凄さや特徴を紹介しています。同選手について調べている方は、ぜひ読み進めてください。

メイソン・マウントのプレースタイル

前線のゲームメイカー

メイソン・マウントは、主にトップ下や左ウイングに近い位置でプレーしています。そこからボールを貰って、パスで散らしたり、スルーパスでゴールチャンスを作ったり、ドリブル突破を試みたりします。

イメージとしては、チェルシーだとバークリーや元バルセロナのイニエスタのようなプレースタイルの持ち主です。チェルシーであれば、プリシッチエイブラハムと絶妙なコンビネーションで、攻撃を組み立てていきます。

小細工をしないダイナミックなプレー

メイソン・マウントは、変なフェイントを入れたりしないシンプルなプレイヤーです。ちょっと分かりにくいですが、昔からのイングランドフットボーラーというイメージです(笑)

それこそ、ランパードやジェラードのようなダイナミックなプレーをします。だからマウントは、ランパードの後継者と言われているかもしれません。

ランパードのプレースタイル
ランパードってどんな選手だった?全盛期のプレースタイルを紹介

続きを見る

得点力があるMF

2019年11月23日時点では、リーグ戦13試合に出場し4ゴール1アシストを記録しています。メイソン・マウントは2列目の選手ですので、13試合中4ゴールは及第点。このペースで行けば、10ゴール以上は固いでしょう。

2列目にこれくらいの得点力があるMFがいるのは、とても心強い存在です。すでに得点力の高さは証明しているので、これからゴールを挙げ続けられるか注目です。

メイソン・マウントのプロフィール

名前メイソン・マウント
(Mason Mount)
代表イングランド
生年月日1999年1月10日
身長178cm
体重70kg
ポジションMF
利き足

オランダのフィテッセでクラブ年間最優秀プレイヤーに選出

メイソン・マウントは、6歳でチェルシーの下部組織に入団。これまでチェルシーに在籍し続けているが、2017年にオランダのフィテッセへレンタル移籍しています。

シーズン序盤こそ出場機会に恵まれませんでしたが、徐々に信頼を勝ち取り、最終的にはシーズン13ゴールを記録。クラブ年間最優秀プレイヤーに選出されています。

代表

各年代で代表選出されています。2017年U-19EUROでは、イングランドの優勝に貢献し大会MVPを獲得。そして、2019年にEURO予選でA代表へ招集されています。

過去のクラブチーム

2017-チェルシー
2017-2018フィテッセ(レンタル)
2018-2019ダービー(レンタル)

まとめ

チェルシーのイングランド代表MFメイソン・マウントについてでした。マウントは、これから注目しなければならない選手です。

なぜなら、ランパードの後継者と呼ばれていますし、19-20シーズンの序盤から大きなインパクトを与えているからです。

これからどんな選手になるのか楽しみで仕方がありません。19-20シーズンの結果次第では、「刮目せよ!海外サッカー注目若手選手を11名ピックアップ【2019年版】」で紹介しようか悩んでいるくらいです。

ともあれ、メイソン・マウントは注目されている選手です。ぜひ、ここまで読んだ方は今からメイソン・マウントの動向を追っていきましょう!

あわせて読みたい記事

  • この記事を書いた人
プレミアリーグ伝承記

PLAYERs運営者

いい歳したおっさん。社会人歴10年。年間50試合ほど海外サッカーを楽しんでいます。特にプレミアリーグを愛しています。詳しいプロフィールはコチラ「運営者情報

-チェルシー
-, , ,

Copyright© PLAYERs , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.