デイヴィッド・ブルックスってどんな選手?プレースタイルなど徹底解説

ブルックス プレースタイル

ボーンマスのウェールズ代表MFデイヴィッド・ブルックスのプレースタイルなどをまとめました。若干、21歳ながらもボーンマスの攻撃陣を牽引する選手です。

18-19シーズン第24節のチェルシー戦では、1ゴールあげるなど存在感を示しました。では、ブルックスがどういった選手なのか見ていきましょう。

ブルックスのプレースタイル

ブルックスは攻撃的MFであり、トップ下や右サイドでプレーする機会が多いです。

エジルのような司令塔タイプ

ブルックスのスタイルは、アーセナルのエジルに似ていると思います。まだまだ荒削りですが、前線の選手に絶妙なパスやスルーパスを供給しています。エジルのように奇想天外なパスを出すこともしばしば。

球離れも非常によく、積極的にスペースへパスをする傾向があります。

現代サッカーはインテンシティを求める傾向が強く、司令塔と呼ばれる選手は少なくなりましたが、ブルックスは数少ないそのタイプといえるでしょう。

ボールに絡もうとする積極性

ブルックスは、ボールに絡もうと積極的にボールホルダーの方へ近寄ります。存在感を示す上では、素晴らしい姿勢ですね。

ボールホルダーからボールを受け、パスを出したり、ドリブル突破をはかりシュートへ持ち込むシーンも多々あります。

チャンスを作り出そうとする姿勢は、ブルックスの大きな特徴だと言えるでしょう。

ギグスも絶賛した細かいボールタッチ

ブルックスは、マンUのレジェンドであるライアン・ギグスに絶賛された逸材です。

ギグスのようなスピードはありませんが、細かく優しいボールタッチは、イニエスタやマンCのシルバに似たようなものがあります。

ボールタッチも良く、パスもできる。将来が楽しみで仕方がない選手ですね。

ブルックスの弱点・課題

正確性ですね。まだまだパスミスが多く、味方選手とのイメージ共有ができていない印象があります。

将来的には、シルバやイニエスタのような選手になって欲しいため、もっと経験とトレーニングが必要だと思います。

また、体が小さい。プレミアリーグはタイトであるため、当たりに負けない体作りが必要でしょう。

ブルックスのプロフィール

名前ディヴィッド・ブルックス
代表ウェールズ
生年月日1997年7月8日
身長173cm
体重62kg
ポジションMF
利き足

マンチェスターCのアカデミー出身。FCハリファクス・タウンでプロキャリアをスタートさせました。

2017年にはU-20イングランド代表として、トゥーロン国際大会に出場を果たし見事MVPを獲得しました。

しかし、母親がウェールズ出身のため、現在はウェールズ代表としてプレーしています。

過去のクラブチーム

2015-2018シェフィールド・ユナイテッドFC
2015FCハリファクス・タウン(レンタル)
2018-ボーンマス

まとめ

影ながら追っている選手ですので、今後のキャリアが非常に楽しみです。

何やらマンチェスターUが獲得に向けて動いているとニュースがありましたが、どうなんでしょうか…。同胞であるギグスが所属したクラブですから、ブルックスも興味があると思います。

また、マンチェスターCのアカデミーという点も気になります。ベルナルド・シウバデ・ブライネがいるため、出場機会は限られるでしょうが、グアルディオラの指導を受けて大成して欲しい気持ちもあります。

ともあれ、今後のブルックスからは目が離せないです!

あわせて読みたい記事

  • この記事を書いた人
プレミアリーグ伝承記

PLAYERs運営者

いい歳したおっさん。社会人歴10年。年間50試合ほど海外サッカーを楽しんでいます。特にプレミアリーグを愛しています。詳しいプロフィールはコチラ「運営者情報

-プレミアリーグ
-,

Copyright© PLAYERs , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.