トッテナム プレミアリーグ

トリッピアーってどんな選手?プレースタイルを徹底解説

トリッピアーのプレースタイル

トッテナムのイングランド代表DFキーラン・トリッピアーのプレースタイルをまとめました。トリッピアーは、ポチェッティーノの信頼を勝ち取り、今のトッテナムには欠かせない選手まで成長しました。シティへ移籍したカイル・ウォーカーの穴をしっかり埋めた選手としても知られています。

それでは、トリッピアーのプレースタイルを説明していきます。

トリッピアーのプレースタイル

ポジション

トリッピアーのポジション

トリッピアーのメインポジションは、右サイドバックまたは右ウィンドバックになります。ポチェッティーノが指揮するトッテナムでは、試合ごとにポジションが変わります。

高精度のクロスでチャンスを演出

トリッピアーの強みは、高精度のクロスです。まるでベッカムを彷彿とさせるクロス・センタリング精度を誇っています。

トッテナムでは、ケインを始めデレ・アリなど空中戦に強い選手がいます。そのためトリッピアーのクロスは、トッテナムの大きな武器になっています。

また、イングランド代表ではサウスゲートから信頼されています。2018年ロシアW杯では、シティで活躍するカイル・ウォーカーを差し置いて右ウィンドバックで出場していました。

右サイドのビルドアップに貢献

トリッピアーは、非常に攻撃的なサイドバックです。常に高い位置をキープして、積極的に攻撃参加を繰り返します。そのため右サイドのビルドアップに大きく貢献しています。

クロスの精度はもちろんのこと、足元の技術も高いためムサ・シソコやソン・フンミンなどと連携して右サイドを崩していきます。

特に、ソン・フンミンとの連携は良い印象です。積極的にスペースへ走り込むソン・フンミンへスルーパスを出すシーンが散見されるからです。この2人の崩しは、見ごたえがありますね。

関連記事 孫興民(ソン・フンミン)ってどんな選手?プレースタイルなど徹底解説

プレースキック精度が高い

実をいうとトリッピアーは、プレースキック精度が非常に高いです。トッテナムではエリクセンやケインが担当していますが、イングランド代表ではトリッピアーがメインで蹴ります。

イングランド代表のサウスゲートはトリッピアーの右足に信頼を置いており、ロシアW杯でもトリッピーに蹴らせていました。現に、準決勝のクロアチア戦ではフリーキックで先制点を挙げました。

もし、2018年夏にエリクセンが移籍することになれば、19-20シーズンからはトリッピアーの時代がくるかもしれません。

関連記事 クリスティアン・エリクセンってどんな選手?プレースタイルなど徹底解説!

トリッピアーのプロフィール

名前キーラン・トリッピアー
(Kieran Trippier)
代表イングランド
生年月日1990年9月19日
身長178cm
体重71kg
ポジションDF
利き足DF/WB

過去のクラブチーム

2008-2011マンチェスター・シティ
2010-2011バーンズリーFC(レンタル)
2011-2015バーンズリーFC
2015-トッテナム

まとめ

トッテナムのイングランド代表キーラン・トリッピアーについてでした。トリッピアーは、クラブでも代表でも重要な選手です。右サイドからチャンスを作れる選手だからです。

攻撃面であればプレミアリーグでも、トップクラスのプレイヤーだと思います。年齢的にキャリアピークを迎えていますが、これからもトッテナムで多くのチャンスを作り出して欲しいですね。

DAZNでサッカーにもっと詳しくなろう

サッカーを今よりもっと詳しくなりたいなら、サッカーを観るしかありません。
詳しくなれば、SNSでコアなツイートもできるし、友人たちとの会話で自慢もできます。
ぜひ、DAZNでサッカーを観まくりましょう!私も愛用しています。

あわせて読みたい記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
プレミアリーグ伝承記

PLAYERs運営者

いい歳したおっさん。社会人歴10年。年間50試合ほど海外サッカーを楽しんでいます。特にプレミアリーグを愛しています。詳しいプロフィールはコチラ「運営者情報

-トッテナム, プレミアリーグ
-, ,

Copyright© PLAYERs , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.