コケってどんな選手?プレースタイルを徹底解説

コケのプレースタイル

アトレティコ・マドリードのスペイン代表MFコケのプレースタイルをまとめました。コケは、アトレティコでもっとも重要な選手です。生え抜き選手としてアトレティコ一筋であり、シメオネイズムを誰よりも経験しているからです。

守備の司令塔として、シメオネのサッカーには必要不可欠なキャラクターになります。コケについて詳しくなりたい方は、ぜひ本記事をご覧ください。

コケのプレースタイル

右サイドから攻守に貢献するダイナモ選手

コケの主戦場は、主に右サイドです。右サイドで上下のアップダウンを繰り返し攻守に貢献します。豊富な運動量こそがコケの大きな強みといって良いでしょう。

シメオネが求める中盤の条件はハードワークが大前提です。18-19シーズンで披露した4人のボランチ型選手を並べるクアトリボーテ(コケ、パーティ、ロドリ、サウール)は、全員がハードワークできる選手です。

コケは、クアトリボーテの第一人者として名を連ねています。そのためシメオネのアトレティコには、必要不可欠であり、ダイナモのコケだからこそタスクを担えます。

関連記事 サウール・二ゲスってどんな選手?プレースタイルなど徹底解説

スペイン人らしい足元の技術

コケは、バルセロナとスペインのレジェンドであるシャビと比較されたことがありました。現に、2013年と古いですがシャビとの比較について言及しています。「アトレティコの躍進を支える生え抜きMFコケ「全力を尽くしてチームの力になりたい」 | サッカーキング

コケは、シャビのような高いパス技術があり、狭いスペースでもパスを繋いでゲームメイクができる選手なのです。如何にもスペイン人らしい美しい足元の技術があります。

コケのプロフィール

名前コケ(ホルヘ・レスレクシオン・メロディオ)
代表スペイン
生年月日1992年1月8日
身長177cm
体重73kg
ポジションMF
利き足

コケは、アトレティコ・マドリードの生え抜き選手です。8歳の頃からクラブに在籍し、2009年9月のバルセロナ戦でデビューを飾りました。しかも、17歳8ヶ月でした。

その後はトップチームに定着し18-19シーズン第20節、27歳という若さで400試合出場を達成。このままのペースでいけば、550試合の最多出場記録を持つアデラルド・ロドリゲスの記録を抜くと言われています。

過去のクラブチーム

2009-アトレティコ・マドリード

まとめ

アトレティコ・マドリードのスペイン代表コケについてでした。コケは、高い忠誠心がある選手として知られています。

モダンなキャプテンとして、これからもアトレティコ・マドリードをリードして欲しいですね。今の状態でバルセロナやレアル・マドリードに移籍したら、一気にイメージが下がるため、それだけは絶対辞めていただきところです(笑)

コケは男気溢れるキャラクターですし、アトレティコには必要不可欠です。アトレティコの試合を観戦する際はぜひチェックしてみてください。

 
  • この記事を書いた人
プレミアリーグ伝承記

PLAYERs運営者

いい歳したおっさん。社会人歴10年。年間50試合ほど海外サッカーを楽しんでいます。特にプレミアリーグを愛しています。詳しいプロフィールはコチラ「運営者情報

-アトレティコ・マドリード
-, ,

Copyright© PLAYERs , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.