ホセ・ヒメネスってどんな選手?プレースタイルを徹底解説

ヒメネスのプレースタイル

アトレティコ・マドリードのウルグアイ代表DFホセ・ヒメネスのプレースタイルをまとめました。ヒメネスは、NEXTゴディンと呼ばれている選手で、ゴディンから多くのことを吸収しています。ゴディンのように対人戦が強く、相手の攻撃をブロックする能力が高いです。

本記事では、ホセ・ヒメネスについて今よりも詳しくなれる内容ですので、ぜひ参考にしてください。

ホセ・ヒメネスのプレースタイル

圧倒的な対人戦の強さ。フィジカルを生かした守備がウリ

ヒメネスは、シティのラポルテやバイエルンのフンメルスのようなフィード能力など技術的な能力は低いです。しかし、両者よりもフィジカルに優れており、1対1のディフェンスにおいては軍配が上がります。

単純に体を当てるだけではなく、走る・止まるを巧みに使いこなし、タイミングよくボール奪取を目指しています。この点においては、アトレティコでもウルグアイ代表でもパートナーであったゴディンに似ています。

ヒメネスは、シンプルなディフェンス力においては世界有数のプレイヤーです。18-19シーズンを最後にアトレティコを去ったゴディンの後継者として、期待したい選手と言えます。

セットプレーに強い

フィジカルが強みのヒメネスですから、セットプレーでは相手チームに脅威を与えます。

18-19チャンピオンズリーグのユベントス戦では、セットプレーから貴重な先制点を挙げています。攻守のセットプレーにおいて、ヒメネスは心強い味方なのは間違いありません。

ホセ・ヒメネスのプロフィール

名前ホセ・マリア・ヒメネス
代表ウルグアイ
生年月日1995年1月20日
身長185cm
体重77kg
ポジションDF
利き足

ロシアW杯の準々決勝で涙を流しながらプレー

ヒメネスは、感情的なプレイヤーです。試合中にも関わらず、涙を流すからです。

印象深いのは2018年ロシアW杯準々決勝のフランス戦です。2-0とビハインドを負った状態の試合終了間際、涙を流しながらプレーしていました。

その姿に批判・否定的な意見が少なくないですが、個人的には心が打たれた瞬間でした。なぜなら、めちゃくちゃ悔しいんだなっと感じてしまったからです。4年に1度しかないW杯かつベスト4手前ですよ?そりゃあ、負けると悟った悔しいじゃないですか…。

自分はこのシーンで、一気にヒメネスが好きになりましたね。こんな感情的な選手ってなかなかいないですよ。

こちらの記事「試合終了前に涙あふれた…ウルグアイDFヒメネス「人生唯一のチャンスが消えていくと感じて…」 | Goal.com」もあわせて読んでみてください。きっと、ヒメネスが好きになるはずです(笑)

過去のクラブ

2012-2013ダヌービオ
2013-アトレティコ・マドリード

まとめ

アトレティコ・マドリードのウルグアイ代表DFホセ・ヒメネスについてでした。ヒメネスは、これからのアトレティコをコケやサウールとともに背負っていく選手だと思います。

ビルドアップやカバーリングなど課題は多いですが、成長の余地がある選手です。19-20シーズンは、ゴディンが抜けてしまったため、主力として活躍すると考えられます。感情的なヒメネスを追い続けてみてください。

 
  • この記事を書いた人
プレミアリーグ伝承記

PLAYERs運営者

いい歳したおっさん。社会人歴10年。年間50試合ほど海外サッカーを楽しんでいます。特にプレミアリーグを愛しています。詳しいプロフィールはコチラ「運営者情報

-アトレティコ・マドリード
-, ,

Copyright© PLAYERs , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.