ミラレム・ピャニッチってどんな選手?プレースタイルを徹底解説

ピャニッチのプレースタイル

ユベントスのボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピャニッチのプレースタイルをまとめました。ピャニッチは「ピアニッチ」とも表記されることもありますが、ここでは「ピャニッチ」に統一しています。

本記事では、ピャニッチの凄さや特徴を紹介しています。同選手について調べている方は、ぜひ参考にしてください。

ピャニッチのプレースタイル

フリーキック

ピャニッチの代名詞はフリーキックです。ユベントスにはロナウドなどフリーキックの名手がいますが、ファーストチョイスはピャニッチです。縦に落ちるボールを強く速く蹴ることが出来るため、ゴールから近い距離でも壁を超えてスッと落としてきます。

ローマ時代の古いデータになりますが、13-14シーズンは直接FK38本中7得点。この数字は欧州主要5大リーグでトップの数字でした。ピャニッチのフリーキック精度の高さは、数字でも表れています。

ピルロのようなゲームコントロール

ピャニッチのメインポジションは、アンカーまたは2ボランチの一角になります。ゲームコントロール力が問われますが、ピャニッチはピルロのようなセンスを持ち合わせています。常に冷静であり、時には素晴らしいひらめきでチームを動かしていきます。

リズムが悪くなったとしても、ピャニッチは良いリズムに戻す修正力があります。スラムダンクで例えるなら、山王工業の深津一成。ピャニッチはあまり目立たないけれど、チームには必要不可欠な男です。

正確無比のパス

ゲームコントロールを可能にしているのは、精度抜群のパス技術があるからです。

ショートパスはもちろんですが、ダイナミックなロングパス精度も抜群です。優れた頭脳に加えて基本的なパス技術があるからこそ、ピャニッチはユベントスでも唯一無二の存在です。

ユベントスの中盤にはラビオやベンタンクールなど豊富なタレントが揃っているし、前線にはクリスティアーノ・ロナウドやディバラが控えています。これらの選手たちに、正確なパスを送れるピャニッチのプレーは見逃せません。

関連記事 ディバラってどんな選手?プレースタイルを徹底解説

ピャニッチのプロフィール

名前ミラレム・ピャニッチ
(Miralem Pjanić)
代表ボスニア・ヘルツェゴビナ
生年月日1990年4月2日
身長180cm
体重74kg
ポジションMF
利き足

代表

U-19まではルクセンブルク代表としてプレーしていたが、U-21からボスニアヘルツェゴビナでプレーしています。エディン・ジェコらとともに、2014年ブラジルW杯にも出場しています。

過去のクラブチーム

2007-2008FCメス
2008-2011リヨン
2011-2016ローマ
2016-ユベントス

まとめ

ユベントスのボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピャニッチについてでした。ピャニッチはユベントスで、ロナウドとディバラに次いで3番目のサラリーを受け取っています。

フロントから信頼されている選手の1人です。これからキャリアピークに差し掛かってくると思いますので、今後の活躍から目が離せません。

さいごに、ピャニッチのようなワールドクラスのアンカーをもっと知りたい方は「【サッカー】海外の注目すべき現役アンカー11人」こちらの記事も読んでみてください。素晴らしい世界のアンカーを紹介しています。

 
  • この記事を書いた人
プレミアリーグ伝承記

PLAYERs運営者

いい歳したおっさん。社会人歴10年。年間50試合ほど海外サッカーを楽しんでいます。特にプレミアリーグを愛しています。詳しいプロフィールはコチラ「運営者情報

-ユベントス
-,

Copyright© PLAYERs , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.