ドルトムント ブンデスリーガ

パコ・アルカセルってどんな選手?プレースタイルを徹底解説

パコアルカセルのプレースタイル

ドルトムントのスペイン代表FWパコ・アルカセルのプレースタイルをまとめました。バルセロナでは、スアレスのバックアッパーとして充分な出場機会を得られませんでしたが、ドルトムントで一気にブレイク。本記事では、パコ・アルカセルの凄さや特徴をまとめています。同選手について調べている方は、ぜひ参考にしてください。

パコ・アルカセルのプレースタイル

スーパーサブとしてゴールを量産

18-19シーズンからドルトムントへ移籍してきたパコ・アルカセルは、スーパーサブとして結果を残しました。18-19シーズンは26試合に出場して18得点。そのうち途中出場は15試合になります。

圧巻だったのは、第6節のレバークーゼンで2得点、第7節のアウグスブルク戦ではハットトリックを達成。どちらの試合も途中出場という快挙を成し遂げました。

パコ・アルカセルは、スーパーサブとしての地位を確立し、ドルトムントに大きく貢献しています。18-19シーズンの結果を見る限り、今後は先発出場が増えてくると思います。これから真価が問われるでしょう。

クレバーな偽9番

パコ・アルカセルは、周りを活かし活かされるタイプのFWです。個の力はレバンドフスキハリー・ケインに劣るでしょう。

しかし、パコ・アルカセルはスペイン人らしいクレバーな動きができます。中盤まで降りてきてスペースメイキングをしたり、パスを回して攻撃にリズムを作ることができます。その判断力が非常に優れているプレイヤーです。

パコ・アルカセルが作ったスペースに、ロイスやサンチョが侵入して攻撃を作っています。偽9番として質の高い動きができるのが、パコ・アルカセルの大きな特徴と言えるでしょう。

関連記事 ジェイドン・サンチョってどんな選手?プレースタイルを徹底解説

高いシュート精度

18-19シーズンのドルトムントのパコ・アルカセルをみたら、その決定力の高さが伺えると思います。なぜなら、26試合中15試合が途中出場にも関わらず18得点もあげたからです。

しかも、チームトップスコアラーであり、レバンドフスキに次いでリーグ2位。ゴールランキングベスト3をみても一番出場試合数が少なかったのです。限られたチャンスをしっかり決められるゴールセンスは間違いなく高いでしょう。

また、フリーキック精度も高いです。ユベントスのピャニッチのような名手ではないものの、18-19第7節アウグスブルク戦で見事なフリーキックを決めました。どんな形でも、高い得点能力があるのがパコ・アルカセルです。

パコ・アルカセルのプロフィール

名前パコ・アルカセル
代表スペイン
生年月日1993年8月30日
身長175cm
体重71kg
ポジションFW
利き足

過去のクラブチーム

20120-2016バレンシア
2012-2013ヘタフェ(レンタル)
2016−2018バルセロナ
2018-ドルトムント

まとめ

ドルトムントのスペイン代表FWパコ・アルカセルについてでした。ドルトムントでは当初、レンタル移籍でしたが2019年2月にドルトムント側が買取オプションを行使。これで完全にドルトムントの選手になったため、これからの活躍に期待しましょう。さて、19-20シーズンはどういったプレーを披露するのか...。

DAZNでサッカーにもっと詳しくなろう

サッカーを今よりもっと詳しくなりたいなら、サッカーを観るしかありません。
詳しくなれば、SNSでコアなツイートもできるし、友人たちとの会話で自慢もできます。
ぜひ、DAZNでサッカーを観まくりましょう!私も愛用しています。

あわせて読みたい記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
プレミアリーグ伝承記

PLAYERs運営者

いい歳したおっさん。社会人歴10年。年間50試合ほど海外サッカーを楽しんでいます。特にプレミアリーグを愛しています。詳しいプロフィールはコチラ「運営者情報

-ドルトムント, ブンデスリーガ
-, ,

Copyright© PLAYERs , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.