サンチョのプレースタイル

ジェイドン・サンチョってどんな選手?プレースタイルを徹底解説

ドルトムントのイングランド代表MFジェイドン・サンチョのプレースタイルをまとめました。

主にサンチョは、ウィングやサイドアタッカーの選手です。本記事では、サンチョの凄さや特徴を紹介しています。同選手について調べている方は、参考にしてください。

サンチョのプレースタイル

サイドからのドリブル突破

ドルトムントでのサンチョは、サイドから違いを作ります。高いドリブルスキルを有しており、「英国のネイマール」と呼ばれるほどのドリブラーです。

ドルトムントでは左サイドにロイスがいるため、主に右サイドになりますが、左右どちらでもプレーが可能です。

サンチョは中へカットインするよりも、バイエルンのニャブリのように縦への意識が強いです。

細かいボールタッチにフェイントを織り交ぜながら、相手ディフェンダーをかわしていきます。イメージとしては、チェルシーで活躍したジョー・コールに近いかもしれません。

ドリブルを武器に超新星ハーランドやロイスらとドルトムントの攻撃を支えています。

ゴールもアシストもできるアタッカー

サンチョはドリブルのイメージが強い選手ですが、素晴らしい結果も残しています。ブレークした18-19シーズンのリーグ戦においては、12ゴール14アシストを記録。

翌19-20シーズンでは更に存在感を発揮し、リーグ戦32試合で17ゴール16アシストという数字を残し、ドルトムントには欠かせないアタッカーにまで成長。

チェルシー時代のアザールのようなスタイルですので、アザールが好きな方はサンチョのプレーもチェックしたいところです。

ちなみにサンチョは、若い頃から高い才能を証明しています。16-17シーズンのマンチェスター・シティEDSでは、U-18プレミアリーグ15試合に出場して13得点を記録しています。

サンチョのフィニッシュ力やアシスト力は、今後どのように伸びていくかが非常に楽しみです。

+ マンチェスターシティ EDSとは

マンチェスター・シティ EDS (英語: Manchester city Elite Development Squad) は、イングランドのマンチェスター西部に本拠地を置きプレミアリーグ2を主戦場とするマンチェスター・シティFCの育成チーム。

引用:マンチェスター・シティ EDS - Wikipedia

サンチョのプロフィール

名前ジェイドン・マリック・サンチョ
(Jadon Malik Sancho)
代表イングランド
生年月日2000年3月25日
身長178cm
体重74kg
ポジションMF
利き足

マンチェスター・シティの下部組織に属した後、2017年からドルトムントへ活躍の場を移します。ドルトムントでは活躍が期待されており、バルセロナへ移籍したデンベレの背番号7を継承。

初年度となる17-18シーズンは、リーグ戦12試合1ゴール4アシストになったが、翌シーズンから大ブレイクを果たし、押しも押されもせぬ大エースへと成長。

20-21シーズンは、序盤こそコンディションを落としてしまいましたが、2021年に入ってから徐々に本来の輝くを戻しています。

代表

2018年10月にA代表デビューを果たし、ベッカム以来の国外組として大きな注目を集めました。

各年代別でも召集されており、2017年U-17欧州選手権では最優秀選手に輝き、同年U-17ワールドカップにも出場。3得点を記録しています。

過去のクラブチーム

2007-2015ワトフォード(ユース)
2015-2017マンチェスター・シティ EDS
2017-ドルトムント

まとめ

ドルトムントのイングランド代表MFジェイドン・サンチョについてでした。

イングランド人といえば、マンチェスター・シティのフィル・フォーデンも楽しみな選手ですが、18-19シーズンのサンチョを見ればフォーデン以上に期待を寄せてしまいます。

大きな怪我をすることなく、このまま順調に成長をしていけば、とてつもないプレイヤーになるでしょう。

関連記事 ブンデスリーガに在籍する選手のプレースタイルはコチラ

関連記事

  • この記事を書いた人

PLAYERs運営者

海外サッカー選手のプレースタイルやニュースなど、独自の目線で情報発信しています。Twitterをフォローして情報をキャッチ!

-ドルトムント
-, ,