ユスフ・ポウルセンってどんな選手?プレースタイルを徹底解説

ポウルセンのプレースタイル

ライプツィヒのデンマーク代表FWユスフ・ポウルセンのプレースタイルをまとめました。ポウルセンは、ブンデスリーガ3部だった頃からライプツィヒを支えてきた選手であり、3部と2部での優勝に大きく貢献してきました。本記事では、ポウルセンの凄さや特徴を紹介しています。同選手について詳しく知りたい方は、ぜひ参考にしてください。

ポウルセンのプレースタイル

ヴェルナーを活かすポストプレー

ポウルセンの大きな強みはポストプレーです。フランス代表のオリヴィエ・ジルーのように、味方を使うプレーを得意としています。ライプツィヒでは、ヴェルナーと素晴らしい連携を構築し、ライプツィヒの攻撃を支えています。

ポウルセンは、193cmと恵まれた体格を活かして、前線でタメを作ることができます。そこにヴェルナーが侵入してきてフィニッシュへと持ち込むのが黄金パターンです。

ポウルセンは、ライプツィヒの攻撃を作る1つのピースであり、チームに欠かせない存在です。チャンスを作るポストプレーに注目してみてください。

関連記事 ティモ・ヴェルナーってどんな選手?プレースタイルを徹底解説

高い守備意識

ライプツィヒは、カウンター志向の戦術です。アトレティコ・マドリードのように、守備をしっかり固めて少ないチャンスを物にしていきます。そのため、前線からの守備を行なっていかなければなりません。

ポウルセンは、相手の最終ラインとアンカーあるいはボランチにパスを通さないようにパスコースを消す役目を担っています。コースを消す動きが必要なので運動量と献身性が必要な仕事ですが、ヴェルナーと連携して守備に走ります。

この守備意識の高さもポウルセンの持ち味といえるでしょう。

18-19シーズンはフィニッシュ精度が向上

ジルーのように黒子の動きをするポウルセン。しかし、腐ってもFWであるためゴールという数字が求められます。16-17シーズンはリーグ戦29試合で5ゴール、17-18シーズンは30試合で4ゴール。お世辞でも素晴らしいFWとは言えず、ゴールを求める声が多数ありました。

でも、18-19シーズンは31試合15ゴールと見事な結果を残しました。これによりポウルセンは、より一層期待ができる選手になりました。

ポウルセンのプロフィール

名前ユスフ・ユラリ・ポウルセン
(Yussuf Yurary Poulsen)
代表デンマーク
生年月日1994年6月15日
身長193cm
体重78kg
ポジションFW
利き足

代表

2014年からデンマーク代表に召集されており、2016年EURO予選ではベントナーのサブとして出場していました。2018年ロシアW杯にも召集され、右サイドハーフとしてスタメン出場していました。なお、予選第1節のペルー戦では決勝点となるゴールをあげています。

デンマークの司令塔エリクセンとともにチームを牽引しています。

関連記事 クリスティアン・エリクセンってどんな選手?プレースタイルなど徹底解説!

過去のクラブチーム

2011-2013リンビーBK
2013-ライプツィヒ 

まとめ

ライプツィヒのデンマーク代表FWユスフ・ポウルセンについてでした。18-19シーズンは、ブンデスリーガ3位まで上り詰めた立役者の1人です。クラブ・代表とともにこれから注目したいFWと言えるでしょう。

あわせて読みたい記事

  • この記事を書いた人
プレミアリーグ伝承記

PLAYERs運営者

いい歳したおっさん。社会人歴10年。年間50試合ほど海外サッカーを楽しんでいます。特にプレミアリーグを愛しています。詳しいプロフィールはコチラ「運営者情報

-ブンデスリーガ, ライプツィヒ
-, ,

Copyright© PLAYERs , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.