ダニ・オルモのプレースタイル

ダニ・オルモってどんな選手?プレースタイルなど徹底解説

ライプツィヒのスペイン代表ダニ・オルモのプレースタイルや経歴をまとめました。ダニ・オルモは、バルセロナのカンテラ出身ながらも異色のキャリアを歩んでいるミッドフィルダーです。

本記事では、ダニ・オルモがどのような特徴を持ち、どのようなキャリアを歩んでいるか分かる内容になっています。同選手について調べている方は、ぜひご覧ください。

〇〇のプレースタイル

ダニ・オルモもポジション

ダニ・オルモは主にトップ下やインサイドハーフでプレーすることが多いですが、戦術によっては両ウイングでもプレー可能。

また、稀にですがボランチの位置でもプレーすることが見られます。

アタッキングサードで違いを作れる選手

ダニ・オルモの仕事は、アタッキングサードで攻撃の起点になることです。

ドリブルスキルが高いため自身で持ち込んでミドルシュートを打ち、ラストパサーとして味方のシュートチャンスを演出します。

プレースタイルは、レアル・マドリードのイスコに近いですが、イスコよりも攻撃的。

特に、チャンスを作る能力に長けており、20-21シーズン(2021/1/24時点)のチャンス・クリエイト数は「22」もあります。

この数字は、チェルシーで苦戦をしているカイ・ハフェルツ(11回)よりも多く、同チームのザビッツァー(13回)よりも優れているのです。

データ上にはなりますが、まさにライプツィヒの攻撃の心臓に相応しい選手にまで成長しています。

シュート技術も高い

ダニ・オルモの持ち味は、チャンス創出力だけではありません。

ブルーノ・フェルナンデスのようなミドルシュートも得意。ブルーノよりも正確性やクオリティは低いですが、ゴール隅をつくコントロールショットが特徴的です。

また、2列目から飛び出してペナルティーエリアに入り込み、シュートへと持ち込むことも可能。

このように、ベストなタイミングで飛び出し、ダイレクトシュートへと持ち込む技術があります。

得点力がもっともっと伸びていくようであれば、ブルーノ・フェルナンデスやデ・ブライネのような選手になるかもしれません。

ダニ・オルモのプロフィール

名前ダニ・オルモ
(Dani Olmo)
代表スペイン
生年月日1998年5月7日
身長179cm
体重68kg
ポジションMF
利き足

ダニ・オルモは、バルセロナのカンテラ出身で久保建英とともに切磋琢磨していました。

その後2014年に、地元スペインを離れクロアチアのディナモ・ザグレブと契約し、翌年2015年にはトップチームデビューを飾っています。

ディナモ・ザグレブでは80試合に出場して20ゴールを挙げ、チームの中心選手として活躍。そして、2020年1月にライプツィヒと契約しています。

スペイン代表においては、各年代でプレーし、2019年11月にフル代表へ初招集されています。

異色のキャリアと言われている理由

ダニ・オルモは、スペイン人には珍しいキャリアを歩んでいます。その理由が、バルセロナでトップ昇格前にザグレブに移籍したからです。

スペイン人かつバルセロナのトップチームへの昇格は、悲願です。それにも関わらず、他国に移ってのプレーを選んだことは、ダニ・オルモにとっても重要な決断だったに違いないでしょう。

あくまで憶測ですが、バルセロナのトップ昇格をしてもプレーする機会が少ないと思ったかもしれません。

もし、そうであれば、非常に知性がある選手だと思います。現に、理想の成長を遂げてライプツィヒの中心選手としてプレーしていますからね。

ザグレブの移籍は、いまのところ大正解だったと言えます。

過去のクラブチーム

2015-2020ディナモ・ザグレブ
2020-ライプツィヒ

サッカー観戦力が上がるオススメ本!

サッカー観戦がグッと面白くなる読むべき5冊の本

今よりもサッカー観戦が楽しくなるような本を5冊ピックアップしました。

モダンなサッカー戦術からサッカーの歴史を知ることができますし、最後の1冊はマンガもピックアップしています。

サッカー観戦初心者でも、比較的読みやすい本なので、ぜひご覧になってみてください。

関連記事

  • この記事を書いた人

PLAYERs運営者

海外サッカー選手のプレースタイルやニュースなど、独自の目線で情報発信しています。Twitterをフォローして情報をキャッチ!

-ライプツィヒ
-,