イニエスタ,全盛期,プレースタイル

イニエスタの全盛期のプレースタイルや経歴を紹介

ヴィッセル神戸に所属する元スペイン代表アンドレス・イニエスタの全盛期のプレースタイルや経歴をまとめました。

バルセロナでは、長らく中心選手としてチームに勝利をもたらす存在でした。

本記事では、イニエスタがどんなキャリアを歩み、そして輝いていた時期のプレースタイルだったのか分かる内容になっています。

イニエスタについて調べている方は、ぜひご覧ください。

全盛期って凄かった?イニエスタのプレースタイル

イニエスタのポジション

全盛期のイニエスタのポジションは、主にインサイドハーフ。

バルセロナでは、シャビとブスケツとのトライアングルを形成し中盤を支えていました。

ただ、2008年付近のスペイン代表では左ウイングとしても先発出場していました。

複数人に囲まれても打開できるドリブルとボールキープ

イニエスタの特徴は、巧みなドリブルとボールキープ力です。どんな密集地帯でも細かなボールタッチで打開することができ、ボールロストも少ない。

相手チームは、なかなかイニエスタからボールを奪うことができないため複数人でイニエスタを囲みますが、スルスルと抜け出すことができます。

イニエスタのドリブルに関して調べてみると、面白い記事がありました。

記録したドリブル成功数は739回、成功率は驚異の60.9%だ。

引用:https://www.excite.co.jp/news/article/TheWorld_261746/

この記事は、06-07シーズン以降のドリブル成功回数とドリブル成功率がまとめられていました。

その中でイニエスタのドリブル成功回数はメッシよりも劣りますが、ドリブル成功率はメッシよりも上回っているとしています。

ポジションが違う点を考慮しなければならないですが、それでもあのメッシを超えていますからね。それほど、イニエスタのドリブル力は半端じゃないと言えるでしょう。

ちなみに、全盛期を過ぎたヴィッセル神戸加入後も、そのドリブル力は健在。

優れたパサー

イニエスタは驚異的なドリブルとボールキープ力があることで、相手ディフェンダーを寄せ付けます。

なぜなら、1vs1だったら高確率で突破されてしまうため、相手はすぐに寄せてボール奪取に取り掛かるからです。

しかし、イニエスタからボール奪うことは難しいため、寄せてきた選手のスペースを使われてしまいます。

そこに走り込んだ味方選手に向けて正確なパスを送り、チャンスを演出していました。

イニエスタがボールを持ちスペースを作ることで、メッシ、ネイマール、はたまたシャビがフリーになるため、バルセロナの攻撃は予測不可能であり誰も止められなかったのです。

それだけ、イニエスタの影響力は黄金時代のバルセロナに必要不可欠でした。

筆者の周りには鳴るが、バルセロナとスペイン代表が最強だった2008年ごろ、「メッシではなくイニエスタとシャビを抑えろ」と言われていたのが懐かしいです。

イニエスタのプロフィール

名前アンドレス・イニエスタ
(Andrés Iniesta)
代表スペイン
生年月日1984年5月11日
身長170cm
体重68kg
ポジションMF
利き足

少年時代からドリブル能力に長けていたイニエスタは、レアル・マドリードの下部組織に入団予定でした。

しかし、両親が取りやめバルセロナの下部組織に入団した経緯があります。

その後、2002年に当時バルセロナの監督だったルイス・ファン・ハールの目に留まりトップチームへと招集、デビューをしました。

2003年ごろは、インサイドハーフとしての出場ではなくウインガーがメインで、ロナウジーニョの控えとしてプレーしています

。本格的にインサイドハーフでプレーし始めたのは、グアルディオラが就任した2008年頃。

ここからバルセロナの黄金時代が始まり、イニエスタは中心選手でした。

のちに、バルセロナで400試合出場し、シャビに続いて史上2人目の快挙を達成しています。シャビと史上2人目とか感慨深いものがありますね...。

レアル・マドリードとの関係

バルセロナの印象が強いイニエスタですが、実はレアル・マドリードと関係がある選手です。

少年時代にレアル・マドリードの下部組織に入団しそうになったり、2007年にはレアル・マドリードへの移籍が報じられたりしています。

2016年11月21日に行われたエル・クラシコでは、1ゴール1アシストを決めて勝利に貢献。

交代時にはアウェーのサンチャゴ・ベルナベウにも関わらず、相手サポーターからスタンディングオベーションが贈られました。

筆者が記憶している中で、敵地のサポーターから拍手を贈られたのはロナウジーニョ以来。

クラシコかつサンチャゴ・ベルナベウで拍手を貰うのは、非常に偉大なことだと思います。

ダニ・ハルケとの関係

イニエスタのエピソードで忘れてはならないのは、2010年南アフリカワールドカップ決勝戦。この一戦は、イニエスタがゴールを決めスペイン代表が1-0で勝利し初優勝を飾りました。

決勝ゴールをあげたイニエスタは、ユニフォームを脱いで喜びを爆発させます。

ユニフォームの下のインナーには親友だったダニ・ハルケに向けたメッセージ「DANI JARQUE SIEMPRE CON NOSOTROS」の文字が書かれていました。

日本語で「ダニ・ハルケ、僕達はいつも一緒」という意味です。

ダニ・ハルケは、エスパニョールでプレーするDFで、アンダー世代からイニエスタとともにプレーするも2008年8月に急性心筋梗塞で急逝。

イニエスタの決勝ゴールは、親友に向けた最高の贈りものだったことでしょう。

過去のクラブチーム

2002-2018バルセロナ
2018-ヴィッセル神戸

CHECK 海外サッカーのレジェンド選手一覧

サッカー観戦力が上がるオススメ本!

サッカー観戦がグッと面白くなる読むべき5冊の本

今よりもサッカー観戦が楽しくなるような本を5冊ピックアップしました。

モダンなサッカー戦術からサッカーの歴史を知ることができますし、最後の1冊はマンガもピックアップしています。

サッカー観戦初心者でも、比較的読みやすい本なので、ぜひご覧になってみてください。

関連記事

  • この記事を書いた人

PLAYERs運営者

海外サッカー選手のプレースタイルやニュースなど、独自の目線で情報発信しています。Twitterをフォローして情報をキャッチ!

-バルセロナ
-, ,