マンC、来季CL出場へ。FFP違反を回避するも賛否両論

2020071501

7月15日は記念すべき日になりました。イングランドの名門であるマンチェスター・シティのFFP違反が撤回されたからです。

さぞ、マンチェスター・シティファンの方は、喜びを爆発させたでしょう。

しかしながら、いちサッカーファンからすれば何とも奇妙な物語です。なぜなら、「撤回するなら最初から指摘するなよ」状態に陥ってしまったからです。

確かにコロナの影響もあるかもしれませんが、2年間のCL出場不可が濃厚だったにも関わらず、この番狂わせ。非常に後味が悪い。

間違えていただきたくないのは、マンチェスター・シティを批判している訳ではありません。

この決定をした欧州サッカー連盟(UEFA)に対して、強烈な違和感を感じています。私情を挟んで申し訳ない。

ただ、今回の決定は日本国内でも賛否両論あります。みんなの声をまとめてみました。

マンC、来季CL出場へ。FFP違反を回避するも賛否両論

ネットの反応

  • ペップ好きだけどこの件に関しては、モウリーニョやクロップの意見のほうが共感できる。
  • じゃぶじゃぶ金使っていいってことやん。
  • 結局、色々な事情でセーフになったんでしょうとしか思えない
  • 正式な証拠が出てこないのはシティが調査協力を拒否したからでしょ
  • 中途半端な罰金って意味わからん
  • FFPはアップデートすべきでしょう
  • シティからすれば、判決は決まったんだから、今更蒸し返してもしかたないだろって言いたいだろうな。
  • 外野が何を言おうが、何を言われようがシティが勝った。これが事実だ
  • 判決に文句言っている人がいて驚きだ。ここにいる人が何を言おうと、判決は変わらないんだからいい加減大人になれよ。

まとめ

やはりネガティブなコメントが多く寄せられています。一方で、「判決は決まったんだから受け入れろ」というコメントも散見されますね。

ただ、個人的に言いたいのは、これからシティのようなクラブが出てきたらどういった処分にするか?です。FFPの線引が一気に変わった事件だと思うからです。

かなり甘くなったと思いますよ。クラブからすれば「いや、シティも同じようなことやったでしょ?なんでウチはダメなの?」と反撃できるんですよ。これから大変ですよ、UEFA。

\ 自宅筋トレでシャープな肉体作り! /

Motions(モーションズ)の可変式アジャスタブルダンベル。
可変式だからこそ狭いスペースに収納可能。
スポーツ選手のような筋肉を手に入れよう!

公式サイトへ

関連記事

  • この記事を書いた人
プレミアリーグ伝承記

PLAYERs運営者

海外サッカー選手のプレースタイルやニュースなど、独自の目線で情報発信しています。Twitterをフォローして情報をキャッチ!

-マンチェスター・シティ
-

© 2020 Sports Hunt Powered by AFFINGER5