【アーセナル】グエンドゥジがビジャレアル移籍?新監督ウナイ・エメリが熱望か

アーセナル

アルテタとの確執が報じられ、今夏の移籍マーケットにリストアップされているグエンドゥジ。

先日、元アーセナルの指揮官エメリが就任となったビジャレアルがオファーを出したと「Daily Express」が報じました。

エメリはパリSG時代からグエンドゥジを高く評価しており、アーセナル就任になったときも同選手を引っ張り上げコンスタントに起用していました。

金銭面にもよりますが、このオファーには応じる可能性が高いのではないかと思います。

グエンドゥジはビジャレアルのオファーを受けるべき

アーセナルというよりも、グエンドゥジはこのオファーを受け入れるべきだと思います。

アーセナルに残ったとしても序列が低いままでしょうし、セバージョスが完全移籍したならなおさらです。

また、アーセナルとしてもグエンドゥジの放出には難色を示す報道がないため、クラブとしても重要視されていない可能性があります。

ビジャレアルなら出場できるチャンスがある

やはり、新指揮官エメリの影響は大きいと思います。アーセナル時代でもエメリはグエンドゥジを使い続けました。

現に、初年度となる18-19シーズンはリーグ33試合に出場しています。

しかし、アルテタが就任した2019年12月からドンドンとベンチに回る機会が多くなり、加えて不祥事連発で信用を落とし続けています。

来季以降、アルテタが起用する可能性は低くなる一方です。

エメリのお気に入り&アルテタの信用度低下、この2つの理由があるからこそアーセナルよりもビジャレルの方が出場チャンスはあるのではないかと見ています。

パレホとコクランの加入が影響する?

中盤の選手を探しているビジャレアルですが、バレンシアのパレホとコクランの加入が迫っています。一部報道によれば両者とも個人合意は済んでいるそうです。

グエンドゥジとポジションが重なる2選手であるため、もしビジャレアルが獲得に成功してしまったら、人材オーバーであるためグエンドゥジの移籍はグッと低くなるでしょう。

とはいえ、将来性があるのは俄然グエンドゥジですし、エメリ監督のお気に...この素材がどこまで効果があるのか見ものですね。

\ 他チームの選手たちを調べよう /

※アイコンをクリックしてください

  • ArsenalManchester CityBayern München
  • CHELSEAAtlético de MadridRasenBallsport Leipzig
  • LiverpoolBarcelonaINTEL
  • TOTTNHAMReal MadridJuventus
  • Manchester UnitedDortmundNapoli

関連記事

  • この記事を書いた人
プレミアリーグ伝承記

PLAYERs運営者

海外サッカー選手のプレースタイルやニュースなど、独自の目線で情報発信しています。Twitterをフォローして情報をキャッチ!

-海外サッカー速報
-

© 2020 PLAYERs Powered by AFFINGER5