トッテナム戦のパフォーマンスでラムジーとの契約延長を求める声が多数!

アーセナル

12月2日に行われたトッテナムとのロンドンダービーを終え、ラムジーの重要性を唱える声がたくさん上がっています。

後半からピッチに入ったラムジーは、オーバメヤンの同点弾となる2点目のアシストを記録。

これにより、プレミアリーグでのアシストを「6」として、ボーンマスのフレイザー、マンCのスターリングと並ぶトップタイ。

リーグ戦では出場機会が少ない中でのこの数字は、大きな価値があるのではないでしょうか。

関連記事 トッテナム戦のトレイラのスタッツが凄い!パーフェクトな内容に驚愕

ラムジーを求める声

なぜ契約延長をしない?ネックは高額なサラリーと…

契約延長を求める声があるのは事実ですが、アーセナルはなぜラムジーと契約をしないのか?その理由は2つあると言われています。

  • 高額なサラリー要求(エジルと同等の年棒を交渉していた)
  • エメリ監督の構想外または必要性を感じていない

サラリーについては、「ラムジー、繰り返し交渉が破断する理由とは? エジルの年俸が原因か | サッカーキング」こちらのニュースでも報道されていました。

2つ目に関しては全くの憶測になります。エメリ監督にとって、ラムジーはファーストチョイスではない可能性があります。

もしラムジーをスタメンで起用したいなら、エメリ監督からもクラブにプッシュするはずです。それが無いということは、エメリ監督のプランにラムジーはいないのかもしれません。

また、今のアーセナルの中盤は豊富です。エジル、トレイラ、ジャカ、ムヒタリアン、グエンドウジ、システムによってはオーバメヤン、ラカゼット、イウォビ。若手であればスミス・ロゥだっています。

これだけのタレントのなかで、高額なサラリーを出す価値がアーセナルに見出せるかが契約延長のキーではないでしょうか。

関連記事 トッテナム戦のトレイラのスタッツが凄い!パーフェクトな内容に驚愕
関連記事 トッテナム戦欠場のエジルが退団検討を報じられるが…「ありえない!」の声

あわせて読みたい記事

  • この記事を書いた人
プレミアリーグ伝承記

PLAYERs運営者

いい歳したおっさん。社会人歴10年。年間50試合ほど海外サッカーを楽しんでいます。特にプレミアリーグを愛しています。詳しいプロフィールはコチラ「運営者情報

-海外サッカー雑感
-

Copyright© PLAYERs , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.